2019年8月 6日 (火)

愛車遍歴(5)-2 クライスラー・グランドボイジャー

十数年を経て、人間で言うところの“加齢現象”は避けれらず。
ドレスアップよりも、リハビリや治療が必要になってきました。

なんだか気になる、天井のたるみ。
グリップのところには、明らかな隙間。

Voy16_1701

ググってみると、特に欧州車には定番“天井内貼りのハガレ”。
接着剤が日本の気候に合わないらしい。
そんなに特殊なのかね、日本の気候って。(´Д`;)

この年式は中央がピン留めだから、運転中に天井が落ちてきてパニクる心配は無い。
とは言うものの。
ディーラーさんを訪ねたけれど、既に「部品がありません」 (´_`。)

そんなときに頼りになるのが、職人さん。
こういう補修を得意技とする。
 → 「なるほ堂」さんWebサイト

2017年1月
早速問合せ、現車を見てもらいに。
結果、オプションの断熱材も含めて依頼。

Voy17_1701

さて仕上がりは?

続きを読む "愛車遍歴(5)-2 クライスラー・グランドボイジャー"

|

愛車遍歴(5)-1 クライスラー・グランドボイジャー

現在の愛車です。
クライスラー・グランドボイジャーAWD。
納車直後、2000年の3月の写真です。

Voy01_20003

殺風景な場所ですねぇ。w
ボルボ、良かったんですけどねぇ。
大きなミニバン(←変な日本語になりますねw)にも乗ってみたくてね。
競合もさせましたよ。
ホンダ・ラグレイト、逆輸入になる北米向けの“大きなミニバン”。
当時売れ行き好調だった初代ホンダ・オデッセイのお兄さん的なクルマ。
ボイジャーもラグレイトも、商用車発生のワンボックスとは違う、純粋な乗用車が魅力。

国産車の品質管理とか、正規ディーラーが多いという安心感はラグレイトの利点。
ボイジャーの利点は、AWDがあったことと、アメ車。(^_^;)

毎日の足として使うのには、AWDの安心感はアクティで体験済み。
たまにしか雪が降らない土地だからこそ、AWDはありがたい。
だけど、ボイジャー高いしなぁ…。

「輸入車は高い」?
大昔は関税で倍になってたからで、今はそんなことありません。
ただ多くの場合、アチラの上級グレードにオプション付けた状態で輸入されるから、高く見える。
国産も同様にオプション付けてくと、大差ないんですよね。
それと輸入車って、値引きが大きかったりする。
キャデラックを見に行った時なんて、いきなり「100万円引きます」と言われた。w

Voy02

ボイジャーも交渉の結果50万円引き。
AWDだし、オプションからもちょっと引いてくれたし。
それと決定的だったのが、ボルボの下取り額の差。
ホンダのDは35万円。(´・ω・`)
クライスラーのDは130万円!ヾ(@^▽^@)ノ

耳を疑いましたね。
何でそんなに違うの?
そしたら外車の中古車を(店が)売るのって、国産車Dには難しいらしい。
国産車を買いに来る人は、相変わらず「外車は壊れる」というイメージを持ってる人が多いし。
だから国産の同年式同車格より安くされる。
外車Dには外車が欲しいお客さんが来るし、整備も手慣れてるから高く売れる。
そういう事情があるらしい。

Dさんが130万円は補償するから、「オークションに出してみませんか?」と提案してくれて、結果的に140万円になりました。
何でも赤の240ワゴンは、「鉄のわらじを履いて探せ」と言われるぐらい、好きな人には人気だったとか。
アパレル系のデザイナーとか、フォトグラファーとか、そういう人に人気らしい。
セダンは開業医とかね。

そんな経緯で、5代目マイカーに迎えることになりました。

続きを読む "愛車遍歴(5)-1 クライスラー・グランドボイジャー"

|

2019年7月 5日 (金)

愛車遍歴(4) ボルボ240GLワゴン

前回のホンダ・アクティ・ストリートに続いて。
あのあと引っ越しまして、少しの間2台持ちを続けていましたが、置き場所もバカにならず。
アクティは売却して、カリーナ1台体制に。

カリーナの軽快な走り、吹け上がりがよくて高回転まで伸び、ノーマルでも心地良いエキゾーストノートを聞かせてくれる4A-GEUエンジンも気に入っていました。
約8年経ったものの、まだ元気。

ではありましたが、気になるニュースが続いた90年代前半
それは「衝突安全性」。
NHKが取り上げたのは、国内の事故でドイツ車は助かる率が高いのに、日本車は…。
当時の国産車にはドアビームもなく、車室内の乗員がつぶされてしまう。
しかしその国産車も、欧米への輸出仕様車にはドアビームが装備されている。

出演していたT社の技術者は「事故の状況が違う」などと言い訳していたけれど、TVKの「新車情報」でも当時のMC光本和彦さんはしつこく「安全と言うなら、衝突実験の映像を公開しろ」と言い続けたり。
今ではドアビームやエアバッグは付いてて当たり前。
衝突実験の映像もネットで見られ、忌憚ない☆表示も公開されていますが。

クルマの安全性というよりも、そんなメーカーの姿勢に疑問を持ち始めた頃、ダメ押しするような同じ日の新聞に載った全面広告を目にしました。

クルマのインパネが大写しになっている、トヨタの広告には、
「もう5年か。そろそろ買い替えようか。」

ボルボの広告は、クルマの横に立つ幼い女の子。
「この子がお嫁に行くときも、このクルマで送っていく。」

取っとけば良かったなぁ、あの日の新聞。(・_・;)

その日から始まった、ディーラーさん通い。
先ずはボルボ、当時は740ワゴン狙いでした。
本当は960がいいなと思ったけど、あまりにも高い!(^_^;)

次にビュイック・リーガル・エステート。
アメ車乗りになるのが夢でもあったし。

でもどちらも高いので、この流れには沿わないけどマツダ・カペラ・ワゴン。

他にもいくつか検討したけれど、最終的にこの3車で比較。
さほど大きいわけでも豪華でもないのに、値段は一番高いボルボ。但し安全性は折り紙付き。
アメ車らしいデザインで、まぁまぁ大きいビュイック。ただちょっと古臭い。
カペラはCPは一番良い。気の利いた装備も付いてる。

半年ぐらい通い続け、最終的に購入したのがコレ!

04volvo01_20190705163401
(旅行先の山形にて)

ボルボ240GLワゴン、1992年型。
初代240が発売されたのは1974年、実験安全車VSECをそのまま市販化したような、「走るレンガ」と呼ばれたザ・ボルボ。
この時点で18年間も続いてる。
クラシカルなデザインながら、エンジンはもちろん電子制御。
ABSも装備されていました。
この長さで小回りが利くし、何よりも「240の国内死亡事故はゼロ」というのが素晴らしい!

荷室にタイヤハウスの出っ張りがなく、フルに使える。
疲れない、適度に固いシートも有名。
値段がネックでしたが、足しげく通ったおかげで、ディーラーさんが所有していた展示車を安く購入できました。

続きを読む "愛車遍歴(4) ボルボ240GLワゴン"

|

2019年7月 1日 (月)

ライト復活!

19年目の車検整備で指摘された、ヘッドライトの照度低下。
いよいよライトユニット交換かと思えば、既に純正部品は廃番で、部品専門店の流通在庫で見つけたものの、片目のみ。
入手できるものは右側通行用。(´・ω・`)
古くなったHIDをLEDに交換してみたり。
補助灯を少しばかり強化してみたり。
くらべて見れば、反射鏡の曇りが・・・。

そんな状況の中、「再メッキ加工」という方法があると知り、費用も純正部品片目よりお安い! ←純正ライトが高過ぎる(片目7万円)
というわけで、再メッキに出して5週間ちょい、ヘッドライトちゃんが帰ってきました。(^ω^)

20190627after01

イイ感じ!(^ω^)

20190627after02

早速、バルブを再装備。

続きを読む "ライト復活!"

|

2019年5月19日 (日)

くらべてみれば → ダメだこりゃ!

ヘッドライトを再メッキのために取り外し、電球類を外しました。
穴がスポンと空いてるのもカッコ悪いので、以前買ったUSA仕様ライトを置いてみました。

20190519light01

↑ 現行ライト。

20190519light02

↑ USAライト。(未使用新品)

あれ?
全然違う!

続きを読む "くらべてみれば → ダメだこりゃ!"

|

2019年3月17日 (日)

ヘッドライトに続いてフォグランプ

ヘッドライトの球を入れ替えて、近くのテスター屋さんに行ってきました。
車検とは関係なく、LEDやHIDに替えたから見て欲しいという人は多いみたい。
「車検じゃない」と伝えると、「LED?」と言われ、「ハイ」。

20190308car01

しかし殆どの人が不適合らしい。
レンズの悪いボイちゃん、ご他聞に漏れず早速「ダメだねぇ~!」の評価をいただきました。w
対向車の迷惑にならないように調整してもらい、千円也。
結果、このクルマの場合は右チョイ高めでも良かったみたい。

20190308car02

ハロゲンだと暗いし、このクルマのヘッドライトは如何ともし難い。
ボイジャーオーナーからすると、これでも結構いい感じなのですが。

さて、夜実際に走ってみると、正面の配光はかなり良くなったのですが、足元(下方)が暗い感じ。
それと右のライトがちょっと暗い。

続きを読む "ヘッドライトに続いてフォグランプ"

|

2019年3月 6日 (水)

19年目の車検 (バッテリー交換、ヘッドライト換装)

19年目の車検、お世話になってるディーラーさんに入庫。
税金関係も含めて、約18万円也。

大きな不具合はなく、油脂類の交換程度。
緊急ではないがと指摘されたのは3点。

バッテリーの劣化
 電圧はあるが、状態は良くない。
ヘッドライトの照度低下
 合格ラインの下限ギリギリ。
パワーウインドウのモーターの弱り。

バッテリーは純正品しか扱っていないということで、部品代だけで約3万円。
ヘッドライトはHIDに替えていたのですが、記録を確認したら2003年!
16年も経ってたか…。
パワーウインドウは、最近ちょっと遅いかなと思っていたのでやはりという感じ。
でもまぁ、今すぐどうこうではないし、最悪ドアを開ければ済むことだし。

バッテリーは自分で交換。
以前はディーラーさんでも扱っていた、ACDelco製の34-7MF
このメーカーのパーツはアメ車界隈ではお馴染ですね。
GMの第二純正部品にしていされてるぐらいですから。
最安と思われ、リアル店舗もある名古屋のショップからお取り寄せ。
廃バッテリーの送料も含めて、半分の額で済みました。

ヘッドライトはどうしようか迷ったけど、どうせなら一遍にやってしまった方がいい。
イマドキはLEDかな?
以前から調べてはいましたが、国内の名の通ったメーカーの新製品がいいだろうと。
結局、IPF341HLB2 を購入。
近所の用品店で見たら、今だけセールで5千円引き。
ネットで調べたら更に5千円安い!
で、これもお取り寄せ。

※「3年or6万km保証」ですが、箱がないとダメだというネット情報。
 IPF製品を買ったら、箱も取っておきましょう。

早速交換したいところでしたが、届いてから雨が続いたり用事があったりで、延び延びになってました。

20190305car01

今日は良いお天気で、作業日和。

20190305car02

さぁ、やるぞ!

続きを読む "19年目の車検 (バッテリー交換、ヘッドライト換装)"

|

2019年2月22日 (金)

愛車遍歴(3) ホンダ・アクティストリート4WD

(2)カリーナ」から間があきましたが、3台めの愛車はホンダのアクティストリート。
1988年、中古車で購入。
就職して7年ほど経ち、一度めの異動した職場にも慣れた頃でした。

03acty01

カリーナは持ったまま、キャリィとの入替。
キャリィは中古車店の査定額で、友人に譲渡。
最初のクルマ選びで訪ねた(結局そこでは買わなかったのですが)中古車専門店に足を運び、購入しました。

03acty03

仕事の都合上、軽ワンボックスは持っていたい。
たまの雪の日、クルマ通勤の身では4WDが欲しいな。

何しろ南関東では、たまにチェーンが必要な降雪がありますが、主要道路に出るとアスファルトが出ていてチェーンは邪魔。

続きを読む "愛車遍歴(3) ホンダ・アクティストリート4WD"

|

2019年2月11日 (月)

HOT ROD RAZZLE DAZZLE(8) BUBU横浜訪問

一度訪ねてみたいと思っていたカーショップへ寄り道。
せっかく横浜まで来たんだし。

20190210moon_700

そう思ってナビに入れたら、結構遠い。
同じ横浜市内でも、本牧と長津田では22キロぐらいあるのね。

途中、結構急なつづら折れの上り坂とか、狭い道路をたくさんの路線バスや歩行者が行き交う駅前を通ったり。

BUBU横浜さんに到着!

20190210moon_701

↑ドラレコの動画からキャプチャー

ここはヴィンテージカ―も扱っているお店なんです。

続きを読む "HOT ROD RAZZLE DAZZLE(8) BUBU横浜訪問"

|

HOT ROD RAZZLE DAZZLE(7) moon eyes

イベントの主催者でもある「moon eyes」さん。

20190210moon_601

公園から数百メートル。
歩いて数分です。

20190210moon_600

天気も良くてお散歩日和。

続きを読む "HOT ROD RAZZLE DAZZLE(7) moon eyes"

|

より以前の記事一覧