2017年1月21日 (土)

天井張替えました 2017.01.18

欧米の輸入車に共通するらしい。
天井内張りの"垂れ下がり"。
接着剤が、日本気候に耐えられない?

日本の高温多湿、四季の変化、こういうのって世界的には稀有な環境なのだろうか。
前に乗ってたボルボに発生した「パーコレーション」も、やはり「日本の気候が特殊なため」と言われてた。

ボイジャーも御他聞にもれず、長く乗るオーナーさんにはお馴染みの通過儀礼。coldsweats01
でもマイカーは大丈夫だな。
と天井を見れば…

2017011801

あれ?
こんなライン、入ってたっけ?wobbly

2017011802

あらら、これは…!bearing

続きを読む "天井張替えました 2017.01.18"

|

2016年8月29日 (月)

ヒストリックカー 同乗試乗会 5/5

試乗を終えて、MEGA WEB内のカフェへ。
試乗は1回500円ですが、降車時にドリンク券をいただけたので、実質ほぼ無料みたいなものでした。

20160826car501

フルーツタルトを追加して、ちょっと一服。

せっかくなので、展示見学。

20160826car502

クルマはもちろんですが、風景(実寸大ジオラマ)も素晴らしい。

続きを読む "ヒストリックカー 同乗試乗会 5/5"

|

ヒストリックカー 同乗試乗会 4/5 キャデラック!

ザ・アメ車!happy01shine

20160826car401

キャデラック シリーズ62のコンバーチブル。

20160826car402

デカくてゴツイ!happy02

続きを読む "ヒストリックカー 同乗試乗会 4/5 キャデラック!"

|

ヒストリックカー 同乗試乗会 3/5 いよいよコルベット

15時20分、いよいよ試乗の時刻。

20160826car301

1963年式シボレー・コルベットスティングレー。
カッケェ~!happy02
ちなみにアチラ風に言えば、「シェブロレッ コーベッ」bleah

20160826car302

美しいですねぇ!heart04

続きを読む "ヒストリックカー 同乗試乗会 3/5 いよいよコルベット"

|

ヒストリックカー 同乗試乗会 2/5

フェラーリ・ディーノ246GTS。
やはり一番人気だったようです。

20160826car201

流麗なスタイル。

20160826car202

独特なクラクション「フェラーリサウンド」もかっこいい。happy01

続きを読む "ヒストリックカー 同乗試乗会 2/5"

|

ヒストリックカー 同乗試乗会 1/5

8月26日、青海にあるトヨタのショールーム「MEGA WEB」へ。

20160826car101

2日間限定イベント、「ヒストリックカー同乗試乗会」。

20160826car102

しかし知ったのが25日。つまり初日の、しかも午後。w
既にいくつか満員御礼だったけど、2大フェバリットは予約できました。coldsweats01

続きを読む "ヒストリックカー 同乗試乗会 1/5"

|

2015年8月 8日 (土)

どこ見てんのよ~!(^▽^;)

クルマいじりのひとつに、照明系がありますね。

過去にはまずヘッドライト。
最初にクルマを買った昭和50年代は、まだシールドビームが主流。
これをハロゲンに変える。
シビエかマーシャルか、いずれにしても丸か四角か、2灯か4灯か、この組合せしかなかったので交換も容易でした。

次がフォグランプ装備。
これまたシビエかマーシャルか。

その後、異形ヘッドライトが当たり前になり、電球(バーナー)だけを変えるようになったのはご存知の通り。

ハロゲン時代は「色温度」と「照度」の違いでしたが、ハロゲンからHIDに変えると難しい問題が。

続きを読む "どこ見てんのよ~!(^▽^;)"

|

2015年4月 4日 (土)

タイヤ交換

スタッドレスタイヤから夏タイヤに戻そうと、タイヤを出してみたら…

20150403tire04

なんとなく、ヤレた感じがする。catface

よーく見ると、ショルダーに入った細~い線が気になる。coldsweats02

20150403tire06

さらによく見ると、溝の奥の細かいヒビも気になる。coldsweats02

20150403tire07

記録簿を見ると、前回タイヤ交換したのは2007年の3月。bearing
そんなに経ってたっけ?
月日が経つのは早く感じるのに、結構前のことは最近だったような、妙な時系列感覚。

「タイヤは命を乗せている、」
「ハガキ程度の面積で、クルマを支えているのはタイヤです。」
そんなCMが思い出され、タイヤショップへと。

20150403tire08

続きを読む "タイヤ交換"

|

2015年2月 6日 (金)

ミニ・インプレッション

代車で借りた「ワゴンR」。
最近のKカーは、なかなか良くできてますね。
ゆっくり他のクルマを見たり運転する機会は少ないので、ちょっぴり比較インプレッションしてみました。

まずはワゴンRの運転席まわり。
昔の軽はペダルが左寄りだったり、タイヤハウスが出っ張ってましたが、結構普通に配置されてますね。

20140205car01

座ってみて、実際のニースペース。
上がワゴンR、下がマイカーのグランドボイジャーです。

20140205car02

遜色ないですね。短足ということもありますがw、軽でも十二分に広いです。

運転姿勢のまま、助手席側に腕を伸ばしてみます。

20140205car03

さすがにこれは違いますね。
Rでは少し体を傾ければ助手席側のドアを開けることも可能です。
ボイジャーでは、ベルトを外して寝そべるぐらいにしないと届きません。

セカンドシートに座ってみます。

続きを読む "ミニ・インプレッション"

|

2015年2月 5日 (木)

15才

間もなく満15才、ボイちゃんが我が家に来たのは平成12年の3月3日。

20140309voyager05

イベント続きの3月を前に、早々に車検完了。
正規輸入車は、正規ディーラーさんでお世話になるのが一番安心。
本国メーカーからのチェック項目指示などが、確実に入っていますから。
クレームや故障のデータから、人知れず定期点検時に“対策部品に交換”したり、基本項目に加えて点検や調整がなされるのは、国内外問わずどこのメーカーも同じ。

諸費用 :¥83,640 (重量税、自賠責等)
整備費用:¥78,000
─────────────
  計 ¥161,640

想定内。('-^*)/

“車検を通すためだけの点検”ではなく、人間ドックよろしくばっちり点検整備してもらいました。
故障らしいところと言えば、油圧センサーの所からの“にじみ程度”のオイル漏れぐらい。

それにして腹立たしいのは、古いクルマに、より重い課税の政策。gawk
「エコ」を謳っているけれど、国民には「エコロジー」を想像させながらの「エコノミー」政策ですから。
単なる『買換え促進政策』、低燃費の旧年式車は重税で、そのクラスなりの基準を満たした大型のガソリン食うクルマや、レアメタルや多量の化学物質を使うハイブリッド車やEVが本当にエコロジーなのか?
古いクルマを廃棄して、新しいクルマを作るのに使われる資源やエネルギー、環境負荷etc. angry

それはさておき…

我がボイちゃん、まだまだ元気そのものです。happy01

|

より以前の記事一覧