« ミニカー トライアンフ・ヘラルド | トップページ | ミニカー ベントレー »

2020年8月 1日 (土)

ミニカー モーリス・ミニマイナー

今ではドイツ・BMWのブランドとして展開されているMINI。
名前に反して結構大きくなり、「大きいミニ」と呼ばれることもありますが。(^_^;
文字通り小さかった、ナッフィールド・オーガニゼーションとオースチンが合併してできた英国自動車メーカー「BMC」(British Motor Corporation)時代のミニです。
イギリスのコメディーTV番組「Mr.ビーン」でもお馴染みですね。

09mini01

「モーリス・ミニマイナー」
BMC(オースチン)から1959年にリリースされた、ミニマイナー。
スエズ動乱を機に高騰した石油価格の影響で、英国市民は日本で言う“バタバタ”のような、簡素なミニカーに甘んじていました。
そんな状況を憂いたBMCの経営責任者であったサー・レナード・ロードの命で開発された、小型4人乗りの乗用車です。

また1962年、クーパー・カー・カンパニーの経営者ジョン・クーパーが、ミニの設計者アレック・イシゴニスと共に“機敏で経済的で安価な車”として改良されたモデルが「モーリス・ミニクーパー」となります。

FF方式を取り入れて車室を低くしたり、後部も切り詰め最小限の乗車スペースに。
一方で850cc水冷直列4気筒エンジンを横置きに搭載、ラジエーターも横置きにして省スペース化。
ダンロップとの協力で、サスペンションも金属バネの代わりにゴムを用いたり、10インチという小径タイヤを開発したり。

09mini03

普通は内側で溶接する、ボディーの継ぎ目。
このミニでは外側で接合され、継ぎ目がフランジ状に出っ張っていますし、ドアのヒンジも外側に付けられています。
これは車両組み立ての手間を省くためだったそうです。

09mini02

このクルマ、芸人のホンジャマカ石塚さんが、以前愛車にされていたそうです。
ずいぶん窮屈だったろうにと思いますが、「この小さなクルマから大きな僕が降りてきたら面白いでしょ!」とテレビでおっしゃってたのを観たことがあります。
さすがコメディアン!(^ω^)

09mini04

このミニカーもお気に入りのひとつでした。
軸受けがよくできているのか、走らせると「クゥ-」と軽快な音がするのです。
コンパクトでかわいらしいですしね。

09mini05

そのためか、床でゴロゴロ走らせていた割には傷みが少ないです。

09mini06

ミニマイナー。
なんとなくホンダN360や、ホンダライフにも影響を与えてるかな?(^ω^)

121014daiba424

|

« ミニカー トライアンフ・ヘラルド | トップページ | ミニカー ベントレー »

趣味」カテゴリの記事

03 クルマ」カテゴリの記事

模型・ミニカー」カテゴリの記事