« ミニカー ベンツ300SL | トップページ | ミニカー MGB »

2020年7月27日 (月)

ミニカー FIAT 2300S クーペ

1961年~1969年に生産された、FIAT 2300Sのクーペモデルです。
FIATといえば、真っ先に浮かぶのは500。
ルパン三世です。(^_^;

06fiat2300s01

他にもパンダとかアバルトとか、コンパクトカーのイメージが強いのですが、なかなか立派なガタイのクルマもあるんですね。
直列6気筒OHV 2,300ccのエンジンを積んでいるため、このクルマも結構ロングノーズですね。

このミニカーも、子供心に大事にしなくちゃと思っていて、状態が良い方です。

06fiat2300s02

リアビューも高級そうでカッコイイですね。

06fiat2300s03

このスケールで、ナンバープレートの表記もされています。
(大きさの目安ですが、下のプラケースは名刺の箱です)

06fiat2300s04

ボンネットを開けると直6エンジン。
前ヒンジのボンネット、最近はほとんど見ませんね。
昔は走行中の風圧で開かないようなどのメリットがあったのかもしれませんが、整備性を考えれば必然かと。

06fiat2300s05

トランクルームにはトランク。
このギミックも当初から付属していたものです。

06fiat2300s06

トランクルームの底や、シートやインパネなどの内装もよく再現しています。

06fiat2300s07

ドアも左右とも開けることができますし、なかなかの手間が掛かったミニカーです。

06fiat2300s08

そしてもう一つ。

06fiat2300s09

なんとサスペンションも利いてます。
実車では前輪はダブルウィッシュボーン。

06fiat2300s10

リアはアンチロールバー装備のリーフスプリングだったとか。

06fiat2300s11

アンダーパネルも、一般的なミニカーよりも“彫りが深い”。(^ω^)

06fiat2300s12

メーカー名は不明。ロゴがありますが読み取れませんでした。
読み取れる「N023」と「MADE IN ITALY」を手がかりにググってみたところ、どうやら「Mercury」というメーカーのようです。

06fiat2300s13

この造りから見て、結構高かったんじゃないかな?

ところでFIAT2300、セダンやワゴンとずいぶんデザインが異なるんですね。
サロンモデル、一瞬初代セドリックか?と。(^o^;)
※サロンモデルのデザインはピニンファリーナ
※初代30系セドリックはライセンス生産していたオースチンA50の後継という位置付けで、A60にはピニンファリーナが関与。

Fiat_2300

このクーペモデルで連想しちゃうのは、ダイハツのベルリーナ。

Daihatsu_compagno_berlina

この当時から日本車にもジウジアーロやピニンファリーナなどの、外国人有名デザイナーの手によるものがあったことも一因かな。
日産グロリアとポンティアックGTOとか、少し前の隣国同様パ〇リ?www
発展途上国あるあるかな。(^▽^;)

※実車の写真は、Wikipediaの「二次利用可」とされているものを借用しています

|

« ミニカー ベンツ300SL | トップページ | ミニカー MGB »

趣味」カテゴリの記事

03 クルマ」カテゴリの記事

模型・ミニカー」カテゴリの記事