« 愛車遍歴(5)-1 クライスラー・グランドボイジャー | トップページ

2019年8月 6日 (火)

愛車遍歴(5)-2 クライスラー・グランドボイジャー

十数年を経て、人間で言うところの“加齢現象”は避けれらず。
ドレスアップよりも、リハビリや治療が必要になってきました。

なんだか気になる、天井のたるみ。
グリップのところには、明らかな隙間。

Voy16_1701

ググってみると、特に欧州車には定番“天井内貼りのハガレ”。
接着剤が日本の気候に合わないらしい。
そんなに特殊なのかね、日本の気候って。(´Д`;)

この年式は中央がピン留めだから、運転中に天井が落ちてきてパニクる心配は無い。
とは言うものの。
ディーラーさんを訪ねたけれど、既に「部品がありません」 (´_`。)

そんなときに頼りになるのが、職人さん。
こういう補修を得意技とする。
 → 「なるほ堂」さんWebサイト

2017年1月
早速問合せ、現車を見てもらいに。
結果、オプションの断熱材も含めて依頼。

Voy17_1701

さて仕上がりは?

朝預けて、夜引取り。
きれいになりました。(^ω^)

Voy18_1701

パーツが無くなっても何とかなるわい!
そう思って安心したのも束の間、GWにエアコンが動かない。
送風だけ。(´・ω・`)

ディーラーさんに行ったら、「ガスが抜けてますね」
高圧バルブが壊れて、一気に抜けちゃったらしい。
これまた「部品が無い」ということで、漏れ留め剤と共にガス注入。
これで様子を見るということに。
ただし再び抜けた場合は、もうこの手は使えない。
エアコンのためにクルマ買替?

パーツはディーラーさんからVINコードを聞いて、自分で海外通販。
パーツがあれば、ディーラーさんで直せる。
パーツ代と送料がほぼ同じ。(´_`。)
しかし長さが微妙に違って、どうやら左ハンドル用らしい。
普通VINコードで取り寄せれば、左右ハンドルも区別されてるハズ。
後にヴィンテージカー専門業者さんとの話しの中で分かったのは、クライスラーとキャデラックは時々あるらしい。
米国仕様と輸出仕様で同じVINコードを使っちゃう。(´□`。)

またもやググって、職人さんを見つけました。
 → FTECコーポレーション さん
無い部品は作っちゃうスゴ腕!
事前に相談もしていたので、取り寄せた部品を加工して直してもらいました。

Voy19_1707

さすが!。

Voy20

無事に直って、ガンガン冷える!
天井の断熱材と相まって、真夏の日中でも風量1で大丈夫なぐらい。

2019年2月
無事に19年目の車検にパス。

無事…でもないか。(^_^;)
ヘッドライトの照度が落ちて、下限ギリらしい。
HIDも古くなったし、LEDは格段に良くなってるらしいし、電球交換。

Voy21_1903

明るい!
直接光が当たった場所は。(゚_゚i)

よくよく見れば、反射鏡がくすんでる。
ご想像通り「交換部品はありません」
もう慣れたというか、逆に期待しちゃう。www
楽しい代替策探し。(^o^;)
・部品専門店で流通在庫探し。←1店に片目アリ
・海外通販。←右側通行用(EK仕様)は見当たらず
・現品を再メッキ。←この方法に落ち着く

殻割り、殻閉じもやってくださるメガ東海さんのお世話になりました。
約5週間、キレイになって帰ってきました。

Voy22_1907

光のムラや配光の悪さは標準仕様。
新車時から誰もが指摘していたところで、次のモデルから細目じゃなくなりました。w
おそらく照明器具の理想形は正円であることは、想像に難くない。(^o^;)

Voy23

なかなかに明るい!(o^-')b

2010年4月、しょこたんのライブツアーではクルマ共々コスプレしたり。(^_^;)
※装飾は駐車場内で停止中のみです。

Voy24

サンダーバード2号とバージル。
・・・のつもり www

Voy25

130923tb03 130923tb05

19年ともなると、共に行動したさまざまな思い出が重なります。

Voy26

父が亡くなった時は、斎場から遺骨を実家に乗せて行ったり。

Voy27

青森、仙台、福島、岐阜や福井etc.と国内旅行。

Voy28

長期入院のときには、ジッと帰りを待っていてくれたり。
臨時適性検査にパスするまで、半年以上待たせました。(´・ω・`)

Voy29

「アメ車は壊れるぞ!」
そんな周囲の冷やかしに反して、これまで致命的な故障は皆無。
ワックス掛けはしたことなし。
 ※「NW36」(←ワックス禁止)を2回施工
だけど塗装の色褪せなし、錆も出たことなし。
乗り継いできたクルマの中で、最もトラブルが少ないのです。

エンジンも快調。
V型6気筒、3,800ccのノーマルなエンジンですが、いざという時にアクセルを踏み込めば、軽やかなV型の音を響かせ、2トン超の車体を軽々と加速させます。
まぁその分メシは喰いますが、街中でリッター5キロ、高速では8~10キロ。
最近のクルマと違って、サイドウインドウのウエストラインが低くルーミーで、広々と開放感がある運転席まわり。
肌触りの良い革シートに収まれば、クルーザー感覚でゆったりドライブ。

もしかしたら、免許返納まで一緒かな?(^ω^)
お互い頑張ろうね!(o^-')b

|

« 愛車遍歴(5)-1 クライスラー・グランドボイジャー | トップページ

03 クルマ」カテゴリの記事