« 愛車遍歴(1) スズキ・キャリィ | トップページ | HOT ROD RAZZLE DAZZLE(1) »

2019年1月22日 (火)

愛車遍歴(2) トヨタ・カリーナ1600GT

『25才』、社会人3年目。
仕事にも慣れてきて、貯金も少しできたし、乗って面白いクルマが欲しいなと。

候補に挙げたのは、まずは5ナンバーのワンボックス
荷物が積めるし、居住空間は広いし、使い勝手がいい。
デザイン的にも過去の商用車とは異なり、応接間的な立派なつくりが増えました。
トヨタ・タウンエース、ライトエース

 

02_townace01

 

02_townace02

サンルーフやスカイトップは、もはや当たり前。

02_liteace01

 

02_liteace02

日産・バネットラルゴとか。
オーテックでドレスアップした「ウミボーズ」が気に入った!

02_largo01

 

02_largo02

 

ディーラーさん巡りを重ね、実車を見せてもらったり。
後席の居住性や、シートパターンを変えての多用途性には満足!
でもねぇ、自分が座る運転席が不満。
真ん中にエンジンがあるため、運転席と助手席は端に寄せられて、窮屈なんですよね。
シートも軽と変わらないぐらいの小ささ。
それと値段もちょっと高い。
エアコンもツインになるし、当時はエアコンもオーディオもオプション扱いだから、なんだかんだで総額300万円ぐらいになってしまう。

もう一つの候補。
それは“走るクルマ”
日産・スカイラインGT
日産・ローレル2ドアHT
トヨタ・セリカGT
トヨタ・スプリンターGT
ホンダ・アコード etc.
いずれも2ドアハードトップとか、2ドアクーペと言うジャンル。
ワンボックスとは正反対。www

やっぱり、カッコよろしいね!
運転席に座るとワクワクします。
最初は候補に挙げてなかったんだけど、ディーラーさんを回っているうちに、カリーナ1600GTが目に入りました。
アニメで人気になったAE86トレノ、スプリンターと3つ子車。
エンジンはいずれも4A-GEUのツインカム16バルブ。
4ドアがあるから使い勝手がいいし、4ドアの方が角目4灯ヘッドライトで好みだし。

休みのたびに、ディーラーさんに通ってました。

でもそんなにお金があるわけじゃなし、2~3年のローンは必須。
5年ローンはちょっとね。←買替のタイミングと言われていたので、無限ローンになってしまう。
最終的にはスカイラインスプリンタートレノカリーナの3車に絞って商談開始。

スカイライン、早々に脱落。
だってディーラーさん、やる気ないんだもん。
当時「販売のトヨタ、技術の日産」なんて言われていましたが、日産車に乗ってきたお客さんには営業マンが出迎えて接客開始。
でも他社のクルマで来たお客さんには冷たい。
私はスズキの軽だったせいなのか、一段と冷たい。
こちらから「カタログと価格表をもらえますか?」と声を掛けてキッカケを作ってるのに、「ハイ」と手渡して他のお客さんに行ってしまう。
別の営業マンに声を掛けてみたけど、日産車でお客さんが来るとそっちへ行ってしまう。
それじゃ客は増えないよ!┐(´~`)┌

結果、スプリンタートレノとカリーナの、トヨタ同士で競合。
トレノの流麗なスタイル

Ae86_tureno

カリーナのスクエアなスタイルと、4ドアの使い勝手の良さ

値引きで総支払額が若干安くなったこともあり、2代目の愛車は「カリーナ 1600GT]に決定!
キャリィも持ったままの増車でした。
キャリィは仕事で役立つ場面もあったし、維持費も格安だし。

1993w710

まだ買って間もない頃、奥多摩へドライブした時の写真。
まだ。ドノーマルです。
ターボ無しの、ツインカム16バルブエンジン。
納車されたのは夕方でしたが、いつもの通勤路を一往復。
軽4ナンバーとは格段に違う快適さに感動しました。

ときに購入したグレードは「GT」。
「GT-R」はシートも洒落てて、当時流行り始めたデジタルメーター。

02carinacatalog03

でもアナログメーターの方が好きだったのでGTを選択。
シートはR用のをメーカーオプションで換装してもらいました。

02carina09

このクルマはイジリました。
ボーナスの度にドレスアップ。

オプションのカーステレオはオーダーせず、メーカーセットも選ばずフルコンポ
カセットヘッドとメインアンプはALPINE
リアスピーカーは、PIONEERのバックシェルフボードに、JBLのコアキシャル2Wayスピーカー。
フロントスピーカーはPIONEER
灰皿は使わないので外し、そこにアルミ板でブラケットを自作してF/Rフェーダーを装備。
シートや内張り剥がしながら、配線もすべて自分でやりました。

上の写真でおわかりのように、これも当時流行った「土禁」!
ハイ、何度か“駐車場に靴がポツン”をやりました。

ダッシュボードのフタを外し、カーテレビを装備。
当時は白黒のブラウン管。
目玉セールで半額近かったDSに、早朝から並んでゲットしたパナソニック製の4インチです。
一緒に並んだ同僚は、特売のビタワン狙いでした。

ヘッドライトはシビエに。
フォグランプもシビエ
当時はシビエかマーシャルか、ほぼ二択でしたね。
インパルのアルミホイールに、ピレリP6チンチュアラート。
60のタイヤまでが保安基準合格でした。

今では当たり前のパワーウインドウも高級車だけの時代。
助手席側だけミツバの汎用パワーウインドウを付けました。
ミツバといえば、電子ホーンも付けてました。

カリーナ1600GT(斜め前から)

スーリーのルーフキャリアには自転車専用のブラケットがあって、自転車を立てて積んでの移動が可能。
電球内蔵のフェンダーマーカーを付けたり。
(当時LEDはありましたが、まだ暗くて照明になるようなレベルではありませんでした)

02carina03

このスクエアなデザインがいいですねぇ。
マフラーはノーマルでしたが、結構太めのいい音を響かせてくれました。

02carinacatalog01

4A-GEU
良く回るエンジンでした。
トヨタ恒例のヤマハ製!
8,000r.p.mぐらいからまだ伸びる。
セカンドギアで80km/hぐらいまでスーッと加速する。
車体のバランスも良くて乗りやすかったし、FRだからステアリングとアクセルワークでテールを軽く滑らせたり。(←ドリフトほどではありません)
吹けの良いエンジンと、小気味良い5速MTでヒール&トウも心地よかった。
正に「羊の皮を被った狼」ならぬ、「羊の皮を被ったチーター」。

02carinacatalog02

ひたすら走る“日帰りドライブ”にもよく行ったな。
特に良く行ったのは、清里、榛名、房総など関東の周縁部が多かった。
乗るのもイジルのも、本当に楽しませてくれたクルマでした。

ときに、カリーナを買った時はまだ実家暮らし。
29才で小さな中古の家を買い、独り暮らしを始めました。
3年ほど住んで、超郊外(=辺鄙w)の新築の家を買ってお引越し。
自分の暮らしが大きく変わった時期でもありました。

02carina06

9年ほど乗り、車検を通してから知人に譲りました。

>>「愛車遍歴(3) ホンダ・アクティストリート4WD

|

« 愛車遍歴(1) スズキ・キャリィ | トップページ | HOT ROD RAZZLE DAZZLE(1) »

03 クルマ」カテゴリの記事