« ちかれたびぃ~! タイヤ交換 2018.01.21 | トップページ

2018年11月23日 (金)

カーナビ 電池交換

パナソニック CN-HS400D 、その前に付けていたDVD式のナビが壊れ、HDD式の装着が簡単なこのナビに交換しました。

2004年製と年代もの。
データも2回更新しました。
今はもう更新データのリリースもありません。

最近、クルマに乗り込みキーをひねると「あれ?」

20181123bat_01

東京駅?
いつも東京駅から始まっちゃう。
少し走ると補正されて、正しい位置になりますが。

いよいよ寿命か?sad

イマドキはスマホアプリのナビを使う人も多い。
でもスマホは日中では輝度不足だったり、熱の問題や、ナビ以外の用途も。

スマホ的な安価なナビも売られていますが、やはり速度センサー等々、きちんとクルマとやり取りしている方がいい。
「また出費が…」

一応、同様の症状の事例は無いか、ググってみました。
おっ!coldsweats02

どうやらバックアップ電池の消耗らしい。
 → 価格comのクチコミ

これ、電子機器にはよくあるパターンですね。
この類の電池、ごく普通の一次電池を交換不可と言われるような奥底に貼り付ける。
SS送りで修理になって、100均で買える電池に数千円支払うことになる。

具体的に作業された方のブログも。
 →  「サスケの父」さんのブログ 

ボタン電池を取り換えて済むならありがたい。
100均で買って来てもいいけれど、持ちがわるいし、直接ハンダ付けもやりにくい。
フラックス用意したりするより、良さげなものを発見!

20181123bat_00

ラグ付のCR2032、アマゾりました。
送料込 460円。

早速交換。
バッテリーはジャンクションボックスにあります。

20181123bat_02

ミニバンなので、助手席の下にあります。
置いてあるだけなので、楽々。happy01

パタッとひっくり返して、

20181123bat_03

底面3ヶ所、四隅の小さいビスの、計7本を外します。
裏ブタは簡単に外れましたが、鉄板の保護板(?)は外れない。

20181123bat_04

こんなところにもビスがありました。

20181123bat_05

基板が見えます。

20181123bat_06

電池は裏側。
でも、ここからまた外れない。
周りを引っ張ってみると少し浮くんだけど、中央部分がくっついてる感じ。

う~む、はめ込みか?
粘着テープか?
と、様子を見ながら観察しているうちに、ビス発見!
コードの下に隠れてました。coldsweats01

20181123bat_07

簡単に外せました。
ひっくり返して、バックアップ電池とご対面。

20181123bat_08

LSIの表面に両面テープで固定されています。
ゆっくり力を加えてやれば、グニョ~と取れます。

20181123bat_09

電池を覆っているフィルムをカッターで切開。

20181123bat_10

新しい電池にコードをハンダ付け。

20181123bat_11

ラグ板はハンダが乗りやすいので、楽々です。
端子部分をテープで絶縁。

20181123bat_12

全体もテープで覆って、絶縁します。
これだけのために熱収縮チューブを買うこともないですからね。

20181123bat_13

両面テープで元の位置に固定。

20181123bat_14

「こんな絶縁や固定で、振動に耐えるのか?」と言われそうですが、室内に置くんですからね。
これで電池が揺れ動いて不具合が出るなら、乗ってる人間は脳震盪になりますよ。www

あとは元通りに筐体を組みつけて終わり。
片手が不自由なので時間がかかりましたが、手慣れた方なら15分もあればできるのでは。

ナビ、もうじき15才。
クルマ、もうじき19才。
人間ならピチピチの若者なんですけどね。coldsweats01

|

« ちかれたびぃ~! タイヤ交換 2018.01.21 | トップページ

03 クルマ」カテゴリの記事