« ロケ地探訪・志木/朝霞/和光「スレイブメン」 (2) | トップページ | ミニ香港を、見に行った 2017.10.05 »

2017年7月30日 (日)

カーエアコン修理・苦節3ヶ月

GWに入った直後、異変は起きました。
エンジンかけて、エアコンON!

ON?

パイロットランプが点灯せず、コンプレッサーの作動音もなく、風はいつまでも常温。coldsweats02

これはもしかしてヒューズでもとんだかな?

20170502ac01

ヒューズは大丈夫。
ではリレー?

20170502ac02

大丈夫みたい。despair

となれば、いつもお世話になっているディーラーさんに行くしかない。
幸いGW後半は営業日があったので、急ぎ出掛けました。
さほど暑くなくて助かった!coldsweats01

電話連絡の上おじゃますると、「ガスが全くありません」と。wobbly
数日前までちゃんと冷えてたのに…。

高圧チャック(バルブ)付近に、盛大に漏れた汚れがあるということで、そのバルブが壊れたらしい。
では部品を取り寄せてもらって交換すればOK!
となるはずですが、もう国内での部品供給はないと。
クライスラー自体が、日本からは半撤退状況(現状C300しか扱ってない)なので、本国からの取り寄せもしてないらしい。

どこかのディーラーさん(代理店)が在庫として持ってるとか? ←この手のパーツは滅多に出ないから、普通ストックしないらしい。
パーツセンターにデッドストックがあるとか? ←一応聞いてもらったけど、アウト!sad

漏れ止め剤で様子を見るしかないということで、ガス充填。

結構容量がでかいツインエアコンなので、ガスは7本。
修理代金は¥25,000ほど。
1週間経っても冷えてはいる。
幸い漏れてはいないようだけど、なんとなくコンプレッサーの音が不安定に聞こえる。
時々「シュルシュル」とかいってるような、でも気のせいかな?みたいな。

再度、漏れ止め剤は使えない。
今時エアコンなしの車はきついし、そうなったらエアコンのために車両ごと買換えか?

というわけで、部品の調達を開始。
普通ならe-bayとか、直接アメリカのショップから探すところですが、何と言っても難しいのは「右ハンドル」。
ましてGS38Lは日本向けで、米国内では流通してるのとはちょっと違うらしい。

そういう事情もわかるショップはないものか?
探した結果、埼玉県の狭山市にあった!
問い合わせたところ、「VINコードがわかれば調査可能」とのこと。
ディーラーさんに教えてもらい、探してもらいました。

20170605ac03

おお!

20170605ac04

あった!scissorshappy01
純正品は本国にもないけど、自分で修理する習慣のある米国では、サードパーティーの部品専門メーカーがあるらしい。
さっそく手配してもらい、ジョージア州のショップからお取り寄せ。
海外通販の難点は、航空運賃が高いんですよね。
通関手続きとかを含め、10日程度で到着。

20170605ac05

やったね!

20170605ac06

早速ディーラーさんに持込み、交換作業をお願いしました。

結果は…。
「長さが合わない」wobbly

20170605ac07

どうやら左ハンドル用らしい。
この金具までのパイプの長さが足りないらしい。

20170605ac08

通常VINコードで指定すれば、本国のデータベースでも右ハンドルのパーツが検索できるハズ。
らしいけど…。

(後日、とあるイベントに行き、ヴィンテージカーを扱う業者さんに話しを聞ける機会がありました。
その業者さんの話しでは、「クライスラーとキャデラックでは、たまにある」らしい。bearing
同じVINコードなのに、輸出先で微妙に変えてるものがあるとか。)

56,000円もかかったパーツが、ただのゴミと化してしまうのか。sad
実はこんな事態も若干予想していたので、もしもディーラーさんで対応できなかたら診てもらえるかと尋ねたところ、大丈夫との声をいただいていました。
Webサイトを拝見して、きっとここなら診てもらえるのではと、期待もしていました。

そんなわけで、再度連絡を取り、入院させることにしました。

20170720ac09

問題の高圧チャック。
見るからに汚れてますなぁ。

20170720ac10

パーツを加工して、サイズを合わせる。

20170720ac11

こういう作業も今後の整備性を考慮して、ただつなぐだけではなく、純正の配置とあまり差異が生じないように配慮してくださいました。

20170720ac12

念入りなテストの結果、他には異常なさそうとのこと。

20170720ac13

9℃!snow
冷えてるぅ~!happy02

20170720ac14
これにて完璧な修理が完了!

20170720ac15
故障発生から通算約3ヶ月、素晴らしい職人さんに出会えて困難を乗り越えることができました。

エフテック・コーポレーションさん、ありがとうございました!happy01

→ FTECさんのFB

20170720ac16

クルマを引取り、乗り出して少し経つと、なんだか???

「静か!」confident

これまでコンプレッサー作動中に停車してアイドリング状態になると、小型トラックのような音と振動がしていました。
負荷がかかると、エンジンが無理するのかな?
3800ccもあるエンジンなのになぁ。
エンジンそのもののオーバーホールでもしないとダメなのかと思っていました。
しかし、コンプレッサーがオンになると、負荷がかかっているのがわかるエンジン音の変化はありますが、わずかに「ウン」となるぐらい。

あぁ、いいわぁ!good

正にゴッドハンド。shine

|

« ロケ地探訪・志木/朝霞/和光「スレイブメン」 (2) | トップページ | ミニ香港を、見に行った 2017.10.05 »

03 クルマ」カテゴリの記事