« タイヤ交換 | トップページ | 「ゲバゲバ」観てきました 2015.04,16 »

2015年4月17日 (金)

「正しい教室」 2015.04.12

渋谷パルコ劇場へ。

2015031202

この界隈、デザインに凝った商業ビルが並びます。

2015031203

劇場は9階。
エレベーターで一気にいくよりも、エスカレーターで各階より道をしていくのも楽しいものです。

なにやら入店待ちの長い列。
マイメロディーのコラボカフェでした。
時間はじゅうぶんありますが、オサーン一人では違和感たっぷりなので自粛。

2015031204

ちなみに18時頃に通ったら、ほとんど待たずに入店できる様子でした。

久しぶりにまともな昼食を食べておくかと店を物色。
前日しょこたんブログ「なかの」 で牡蠣を見ていたこともあり、こちらのお店へ。

2015031205

ずいぶん空いてると思ったら、客席はこの奥でほぼ満席。
「牡蠣釜飯定食」をオーダーしましたが、なんだか場違い感たっぷり。
私以外の全員が、網の上で焼く「焼き牡蠣」をオーダー。
ときどきポーンポーンと景気のいい破裂音をさせていました。
もちろんソレにはそそられましたが、今の手の状態では危険すぎます。

なんて思っているうちに、熱々の釜飯到着。
たっぷり牡蠣がのって、さらにこの味噌汁!

2015031206

久々に牡蠣を堪能し、これで税込み1,200円だからお安い。
もうすこし手が動くようになったら、あの「焼き牡蠣」にいってみたい。

2015031207

毎々、前置きが長くてスミマセン。

2015031208

劇場は9階。
エスカレーターはないので、エレベーターか、裏口的位置の階段で。

2015031209

会場は満員御礼。
ステージセットは中学校の教室。
高原リゾート地にある中学校が舞台。
11人の同窓生のうち、とある目的で7人が集まっての同窓会。
そこに嫌われていた元担任も加わって…。

まだ公演期間中なので、これ以上ストーリーには触れませんが。
観ながら思ったこと。

「褒める教育」だとか「子供の目線で」ということが大切だといわれてから久しく、一方でモンペア問題も。
学校では先生が児童生徒を男女とも“さん”付けで呼び、表彰状には“様”が付く。
小学校によっては卒業式の“壇”もフロアに下ろし、何事によらず『お子様さま様』。
子供が首をかしげてたら先生の方から出向き、膝まずいて「どうしたのかな?」

昔は電車に乗れば、「子供は立ってなさい」と躾けられたものですが、今は子供を座らせて親が立つ。
おまけに高齢者が来ようと、障害者が来ようと、子供を立たせて譲らせることさえしない。
“お子様”は優先順位、最上位。

そんな時代の子供たちも、とっくに成人。
今では若手社員自ら「自分、褒められて伸びるタイプなんで…」なんてほざいてみたり、ちょっと厳しく注意されれば「パワハラ」だ「ブラック」だとこざかしい。
どうかすると簡単に、お客様相手にふてくされたりキレちゃったり。

年長者は腫れ物にさわるような姿勢で、結局若手はいつまでたっても育たない。
ガラのデカイお子様ばかりになっちまってる。
彼らが中高年になったとき、誰がご機嫌を取ってくれるのだろう。
若手を育てる力なんて期待できるはずもなく、お子ちゃまばかりの社会はどうなるのか?

本当に親切って、どういうことなのだろう?
本当にやさしいって、どういうことなのだろう?

感情任せに怒るのは、もちろん良くない。
でも年長者(親,教師,先輩,上司etc.)には、教え導き育てる義務があると思うんです。
ときには壁になって立ちはだかり、ときには憎まれ役を買って出て発奮させる。

また、人は誰でも表面を繕うもの。
できない理由、やらない理由の原因を転嫁してみたり。
あるいはあたりのいい表現にしてみたり、嘯いてみたり。
強がったり、逆に気弱に見せたり。
言動と本心は、必ずしも一致していない。
如何にして本心を見抜くか。
見抜かれた方は、たいてい激しく逆上するもの。
それこそが本心はそこにあることの証といえる。

年長者はこういうことを踏まえたうえで、「意図的誘導的」な指導や叱責、叱咤激励をしなければならないと。

“壁”は弱くては共にケガをしてしまう。
低すぎては試練にならない。
高すぎては乗り越えられない。

憎まれ役は“徹する”ことが必要。
孤独だし、さびしいし、時には総スカンを食ったりと、叱られてる本人よりつらい。
でも「頑張ったな」と笑顔を見せていいのは目標達成の後だけ。
もしかしたら笑顔を見せる機会には恵まれないかもしれず、ずっと憎まれっぱなしで終わってしまうかもしれない。

大人が子供に迎合したというよりも、この「大人の責任を果たすつらさ」から逃げてしまった。
「逃げの口実」が、“叱るより褒めろ”だったり、“子供の気持ちを尊重して”だったり…。

そんな昨今の風潮に対して、真正面からバッサリ斬り込んだ。
近藤正臣さん演じる寺井先生は、井上芳雄さん演じる菊池先生と対比しなが、「これでいいのか?」と課題を突き付けてくる。
そんな思いを感じました。

2015031210

 

さて、出演者の前田亜季さん。
じつは私が初めてアイドルイベントに参加したのが、前田愛さんと亜季ちゃんのデジタル写真集のリリイベ。
だしか亜季ちゃんは小学4年生じゃなかったかな?

2015031211

まだ写メはもちろん、デジカメもない時代。
撮影タイムはフィルムカメラ。私は60-300mmズームレンズ装備の一眼レフを携えて参戦しました。

もうひとりの小島 聖さん。
中学生の頃に出演された映画、「せんせい」や「タスマニア物語」も観に行きました。

Hijiri01

大河ドラマ「春日の局」や、三ツ矢サイダーなどのCMもなつかしい。

Hijiri04

今では「登る女」をはじめとして自然と共存するライフスタイルを表現したり、ドラマでは癖のある悪女を演じたり、幅広い役柄を演じる素敵な女優さんになられました。

|

« タイヤ交換 | トップページ | 「ゲバゲバ」観てきました 2015.04,16 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事