« ミニ・インプレッション | トップページ | 歴史のお勉強・日比谷~白山 »

2015年3月18日 (水)

代官山でのトークショー 2015.03.13

代官山の蔦屋でおこなわれている「ビジネススタイルカレッジ」。
登壇者はニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんと、音楽ジャーナリストの柴 那典さん。

20150313daikanyama00

代官山自体、実は初めて。
乗換が面倒だったり、あまり縁が無くて。

20150313daikanyama02

クルマで行ってみたら、あらま近いじゃない。
まずは前から買おうと思っていた「InDesign」のマニュアル本を購入。
これでP1時間無料。3月末まで19時以降2時間無料なので、結果この日は0円でした。

ゆっくり行ったけど、一番乗り。
会場は1号館の2階。
開演19:30までしばし待機。

20150313daikanyama03

テーマは『私たちの未来の鍵は、やはりインターネットが握っているのだろうか』
と案内されていたのですが…
いよいよスタート!

お題は「デジタル時代のメディア最先端をゆくトップインタビュアー 対談」
よっぴーさんが大上段に構えた方がいいと思い、考えられたとか。
さらに、とあるライブイベントでよっぴーさんが柴さんに声を掛けて、この日の対談が実現。
結構軽いノリだったそうです。

インタビューというのは、実は先輩から指導を受けたりとかされない分野なのだとか。

20150313daikanyama04

よっぴーさんの、アナウンサーとして他の方の仕事ぶりをみてきた経験とか、柴さんの編集者としてインタビューに立ち会った経験が役立ったということでした。

写真に例えた話しも面白かったです。
被写体は同じでも、おなじ写真は他人には撮れない。
機材の操作(絞りやシャッタースピード)は学校で教われるけど、たとえばうめかよさんの写真は、うめかよさんにしか撮れない。

著名な編集者のインタビュースタイルのパターンも。
最初から見透かしたように投げかけてみたり、十分事前調査したうえで知らないふりをしてみたり。
状況によって適宜変えてみたり。

紙媒体に起こす柴さんは、聞き手の言葉は誌上でどうにでもなる。
ちょっと順番を変えたり省略することで、話し手が一人称で語っていることにもなる。
現場でのやり取りを原稿にはどう起こすか。それが「編集」なわけですね。
いわゆる「タレント本」でのゴーストライター的なものも。

ナタリーの編集スタイルについての話しも面白かった。
ロッキングオンはインタビュアーが一人語りしている。しかしナタリーはそういうものは省き、聞き手に徹している“ように原稿ではカットする”。

一方、放送にのせるよっぴーさん。時間(尺)はおのずと決まっている。
相手も情報を伝えたいと思って来ているので、多少無茶しても応えてくれるとか。

「相手を好きになるかならないか。」
一般的に“聴き上手になれ”というが、どうしたら聴き上手になれるのか?
たとえば阿川佐和子さんスタイルは他人に真似できにくい。
しかしある程度類型化はできるのではと。
要は「相手がどれだけ気持ちよく話していたか。」
聴き上手=しゃべらせ上手

「タモリさんはリアクションを盛らない」
視聴者の気持ちを上回る反応をしないことで、内容をきちんと伝えている。

放送では編集の際に困るから、相手の話しにかぶせないこととか。
しかし会話に相槌は大切。
無言で聞いていられるのは、結構プレッシャーになるのだそうで、そこをどうするか。
バラエティー番組のスタッフによる大笑いとかも、演者を気持ちよくさせるためのものである。

人は不安になると、自分のことを話しているときにガードが下がることもある。
アイドルさんへのインタビューでは、あえてこのプレッシャーを利用することもあるとか。
彼女たちは、その逆境をどう対処するかが見せどころ。試されるのが仕事。
なるほど!

話しを広げる、話しを深めるためのノウハウや、言い負かせても仕方ないことなど、私のようなサラリーマンの日常にも役立つ内容でした。

この後質問コーナー。
新生活を始める方の、「初対面の方とのコミュニケーションをどうとったらいいか」。
編集の仕事をされてるらしい方から、過去に困った経験についての相談など。

私も質問させていただきました。
アイドルさんへのインタビューのことに触れられていたので、先日の音返しで感じていたこと。
「中川翔子さんは一人語りを始めると止まらなくなるが、よっぴーさんの司会だとさらに倍速になる。
 よくしゃべる人の場合は、どんなところに工夫されるのですか?」
と。
気持ちよくしゃべっている人は止める必要もないし、自分は普段の1/10もしゃべらない。
普段から「しょこたんは面白いし、そのままでいいと思っている」ことかな。
と。
先に出ていた話し。
・人に興味を持つ。
・人の興味を持つことに、興味感心を持つ。
に通じていました。

20150313daikanyama05

お二人の対談はもちろん、参加者の皆さんも文章(編集とか)に興味をお持ちの方なので、とても中身の濃い、充実した時間を過ごさせていただきました。

20150313daikanyama06

そうそう、サインをいただきました。

20150313daikanyama07

|

« ミニ・インプレッション | トップページ | 歴史のお勉強・日比谷~白山 »

イベント」カテゴリの記事