« 「都営フェスタ2014 in 三田線」(2) | トップページ | 冬支度 »

2014年11月24日 (月)

車検とかクルマいじりとか…

ユーザー車検、過去5回ぐらいやったかな。
「安い」とブームになった時期があったけど、私は「自分の手でしっかり管理したかった」から。
輸入車にしてからは、部品の調達が面倒だったり、本国からの改修指示は正規ディーラーじゃないと分からなかったりなのでお任せしてます。

お友だちの皆さんは既にご存知と思いますが、大学は機械工学科卒で、自動車工学の単位も修めています。
一応… 
 → My Car History

で、思い出しながら。

まずは24カ月点検。
「自分でやっていいの?」とよく聞かれますが、法律上は「所有者自身でおこなわなければなりません」。
でも出来ない人が多いから、出来る人に頼む。
“業”として委託を受けるために、整備士の資格とか、工場の認証がいるわけです。
ブレーキなどの重要保安部品は、無資格者が「繰り返して分解整備しちゃいけない」という法律。
1回ならいいと読める。ww
ディスクブレーキなら、分解しなくても点検整備はできます。

クルマについてる「整備点検簿」の項目に沿って、点検しながらチェックすればよい。

でも「ハンドルのぶれ」だの「異音」だの、乗ってりゃ分かる!
異常がなければ「チェック」。
オイルとか、いい機会だからと交換したら「X」(交換)。
空気圧はGSのポンプでチェックして「A」(調整)。
タイヤを外して、ブレーキシューの厚みをチェック。

調子の悪い所があったら、車検とは関係なく、修理してもらわなくちゃね。
マイカーなら、日頃から具合が分かるというものです。

これらの方法や数値は、点検簿に図入りで書かれています。
こんな要領で必要箇所を見ていけば、1時間もあれば終わります。
要修理箇所があったら、整備工場なりディーラーさんなり頼めばよい。
内容によってはGSや用品店で対応できるものもあります。

※今は車検前に自分で点検してもいいけど、「後点検」と言って「車検後にプロに点検整備してもらうこと」となってます。

でも、あれば頼りになるのがコレ!

20141124car01

前に乗ってたカリーナの「整備解説書」と「配線図」です。

これ、プロの整備士さん用ですが、付属のマニュアルより格段に分かりやすい!
ジャッキを当てる場所なんて基礎事項でさえ、この丁寧な図解。

20141124car02

どこはどのぐらいの力で締めるのか、具体的な数値で書かれています。
トルクレンチで締めれば一目瞭然。

20141124car03

電気系統だって、するっとまるっと完全解説! ←当たり前だけどww

20141124car04

その後に乗ったアクティと、現愛車のボイジャー

20141124car05

国産車のはディーラーさんに頼んで取り寄せてもらいました。
本来、社内向けの資料なので、普通には売ってません。

しかし輸入車は違います。
本屋さんで売ってます!
ちょっと大きい本屋さんなら店頭に並んでいるし、アマゾってもいいし。
私は書泉で買いました。

20141124car06

国産車のプロ用と同じように、実に具体的で懇切丁寧。
紙質はわるいけど。
英語だし。

でも写真や図と、数値が分かればあまり支障ありません。

20141124car07

当時の検査ラインの手順は、こんな感じで通しました。

コイン洗車場で下回りを洗浄。
これは下にもぐる点検員さんへのエチケット。

点検整備記録簿や納税証明書などを持って、陸運事務所の“そば”へ。
「テスター屋」さんがあるので、まずそこへ。
ここでブレーキ力、スピードメーターのチェックをします。
メーターは必ず誤差があるのですが、ここでは40km/hで車輪を回してくれる。
このときの針の位置を覚えておきます。
ヘッドライトの光軸調整もやってくれます。これは直前にやっておいた方が無難です。

前輪の整列もここでチェック。無料で調整もしてくれます。
以上、4,200円。(当時)

そのまま陸事に行って、外郭団体の事務所で、極めて事務的に重量税や自賠責払ったり。
もらった書類を持って、陸事窓口へ。

点検簿と書類を出して、点検簿はしっかり見られますね。
少し質問されるかも。
チェック用紙をもらったら本番です。

・外観
 まずライン入口で、外観を見られる。
 フェンダーはみ出しとか、シャコタンとか、運転席や助手席のスモークフィルムとか、そりゃ論外ね。
 ウィンカーつけて、ワイパー動かして、ウォッシャー出して、クラクションをプップー!
 要するに球切れとか、色は正しいかとか。
(テールランプのクリアレンズは赤電球必須。
 自主輸入車とかで要注意なのは、ウインカーはオレンジ色にすること。とか)
 一言で言えば、「保安基準に沿っているか」
 改造してなきゃ、ひっかかる心配はありません。
 ハイ、次。

・速度計
 ドラムの上に前輪を載せます。(FR車)
 押しボタンを渡されます。
 「ドラムの回転が徐々に上がっていくので、40km/hになったら押すように」と。
 で、さっきテスター屋さんで覚えた位置になったらボタンを押します。

・ブレーキ
 ちょっと進んで、4輪ともドラム上へ。
 また徐々に回転が上がります。
 「ランプがついたらブレーキ踏んで」。
 で、渾身の力を込めて一気に踏み込みます。
 たいてい素人は急ブレーキ踏んでも力が弱い。
 やり直しになることもあります。

・ヘッドライト(光軸)と排気ガス
 検査機の前に進み、エンジンかけたままヘッドライトをハイビーム。
 センサーが動いて光軸検査が始まります。

 この間にクルマを降りて、排気管にセンサーを差し込みます。
 「ピピー」と排気ガス検査が終わったら、ヘッドライトも終わってるので、そのまま次へ。

・下回り
 検査員が下にもぐって、ハンマーでコンコンコン。
 ボルトのゆるみとかを調べます。

で、終わり!

フロントガラスに貼るシールをもらって帰ります。
ここで一言、念を押されます。
「検査に合格しましたが、これは今現在の状態であって、むこう2年間を保証するわけではありませんので、日頃の点検整備を怠らないで下さい。」
お約束ですね。(^ω^)

もし引っ掛かっても、その日のうちなら追加料金なしで何回ライン通してもOK!
旧車乗りの方など工具持参で、陸事の駐車場で整備してました。

検査費用は1,200円。(当時)

お薦めはお盆の時期。(といっても限られますが)
整備工場やディーラーさんは夏休み。
でも陸事は官公庁なのでちゃんと“営業中”。
めちゃくちゃ空いてます!
検査員さんもヒマなので、親切にゆっくり対応してくれますし。

こんな経験を通して、マイカーに対する愛着とか、整備状態に対する責任感とか、いっそう増した気がします。

|

« 「都営フェスタ2014 in 三田線」(2) | トップページ | 冬支度 »

03 クルマ」カテゴリの記事