« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月24日 (月)

車検とかクルマいじりとか…

ユーザー車検、過去5回ぐらいやったかな。
「安い」とブームになった時期があったけど、私は「自分の手でしっかり管理したかった」から。
輸入車にしてからは、部品の調達が面倒だったり、本国からの改修指示は正規ディーラーじゃないと分からなかったりなのでお任せしてます。

お友だちの皆さんは既にご存知と思いますが、大学は機械工学科卒で、自動車工学の単位も修めています。
一応… 
 → My Car History

で、思い出しながら。

まずは24カ月点検。
「自分でやっていいの?」とよく聞かれますが、法律上は「所有者自身でおこなわなければなりません」。
でも出来ない人が多いから、出来る人に頼む。
“業”として委託を受けるために、整備士の資格とか、工場の認証がいるわけです。
ブレーキなどの重要保安部品は、無資格者が「繰り返して分解整備しちゃいけない」という法律。
1回ならいいと読める。ww
ディスクブレーキなら、分解しなくても点検整備はできます。

クルマについてる「整備点検簿」の項目に沿って、点検しながらチェックすればよい。

でも「ハンドルのぶれ」だの「異音」だの、乗ってりゃ分かる!
異常がなければ「チェック」。
オイルとか、いい機会だからと交換したら「X」(交換)。
空気圧はGSのポンプでチェックして「A」(調整)。
タイヤを外して、ブレーキシューの厚みをチェック。

調子の悪い所があったら、車検とは関係なく、修理してもらわなくちゃね。
マイカーなら、日頃から具合が分かるというものです。

これらの方法や数値は、点検簿に図入りで書かれています。
こんな要領で必要箇所を見ていけば、1時間もあれば終わります。
要修理箇所があったら、整備工場なりディーラーさんなり頼めばよい。
内容によってはGSや用品店で対応できるものもあります。

※今は車検前に自分で点検してもいいけど、「後点検」と言って「車検後にプロに点検整備してもらうこと」となってます。

でも、あれば頼りになるのがコレ!

20141124car01

前に乗ってたカリーナの「整備解説書」と「配線図」です。

これ、プロの整備士さん用ですが、付属のマニュアルより格段に分かりやすい!
ジャッキを当てる場所なんて基礎事項でさえ、この丁寧な図解。

20141124car02

どこはどのぐらいの力で締めるのか、具体的な数値で書かれています。
トルクレンチで締めれば一目瞭然。

続きを読む "車検とかクルマいじりとか…"

|

2014年11月20日 (木)

「都営フェスタ2014 in 三田線」(2)

(1)から続く

こういうときしか入れない、整備工場へ。
普段乗ってる電車が、台車を外されリフトアップ。

20141115toei23

この車両を4個のウマで支持。
すげぇ!

20141115toei24

機械工学科出身の私には、居心地の良い風景です。

ずらりと並んだ車輪が壮観!

20141115toei25

続きを読む "「都営フェスタ2014 in 三田線」(2)"

|

「都営フェスタ2014 in 三田線」(1) 2014.11.15

久し振りの鉄道イベント「都営フェスタ」、三田線高島平駅へ。
地下鉄ですが、志村坂上駅を出て志村三丁目の間で地上へ。
崖線なので、線路はほぼ水平のまま地下から高架へ遷移します。

20141115toei01

三田線志村基地は、西台駅との間に広がっているので、線路沿いに少し戻ります。

20141115toei02

年季の入った、通常の場内案内。

20141115toei03

そして今日のイベント会場案内図。

20141115toei04

会場に入って真っ先に目に入る、地下鉄車両。
入口に近い方は「ちびっこ撮影会場」
小学生以下のお子さんを車輌の前に立たせ、自由に記念写真を撮影できます。
子供用制服の貸し出しもありました。

20141115toei05

「こちら側はお子さんの撮影以外は立ち止まらないで下さい」とアナウンス。
車輌だけを撮影したい人は反対側でという配慮。
うまい手法ですね!

続きを読む "「都営フェスタ2014 in 三田線」(1) 2014.11.15"

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »