« 富士通LIFEBOOK PH75 HDD→SSD (2) | トップページ | 「alt」と「title」の違い »

2013年2月17日 (日)

富士通LIFEBOOK AH77/EN SSD換装

前回のPH75での、SSD換装による起動や動作の高速化に感心し、続いてI7マシンのAH77もSSD化しました。

130217ah00

これも言うまでもなく、自己責任で行う改造になります。
この通り作業をして、どのような結果になろうとも、私は関知しませんので悪しからず。
ご質問等も一切お受けいたしません。

HDDの交換はマニュアルには記載されていません。
しかし、このサイズのパソコンなら簡単です。

まず、電源コードを抜き、バッテリーを外し、電源スイッチを5秒ほど押して、電源部に残っている電気を放電させます。

ひっくり返して、ピンクの枠の部分のフタを外します。

130217ah01

フタの右側がくっついているような感じですが、丁寧にそのまま力を入れれば取れます。

フタを外すと、このような金具でHDDが留まっています。
右側のネジは外ケースと兼用なので、既に外れています。
左側のネジを外したら、HDDを左側にずらしてやれば、容易に取り外せます。

130217ah02

この金具の4本のネジを外し、HDDを取り外します。
その金具とネジを使って、SSDを固定します。
統一規格なので、いわうるポン付けです。
HDDとSSDの厚みの違いも影響しない固定方法なので、スペーサーなどの準備も不要です。

130217ah03

そのまま元通りに組みつければOK。

130217ah04

裏ブタを付けて完了!
5分とかかりません。

さて、HDDの時の起動時間。
・電源ON → 壁紙表示まで : 80秒
・  〃   → Windowsの起動ファンファーレ : 94秒
・  〃   → デスクトップアイコンがすべて更新されて安定するまで : 130秒

SSD換装後
・電源ON → 壁紙表示まで : 22秒
・  〃   → Windowsの起動ファンファーレ : 23秒
・  〃   → デスクトップアイコンがすべて更新されて安定するまで : 24秒

早っ!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

OSはWindows7 HomePremium
メモリ 4GB
主に使用するアプリはアドビのCS6シリーズ。
ビデオ編集ソフトなど、負荷の高いものが中心です。
SSDだって、特に高性能の上位モデルというわけでもありません。、

能力の高いPCだと、効果も一層顕著のようですね(o^-')b

|

« 富士通LIFEBOOK PH75 HDD→SSD (2) | トップページ | 「alt」と「title」の違い »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事