« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月17日 (日)

富士通LIFEBOOK AH77/EN SSD換装

前回のPH75での、SSD換装による起動や動作の高速化に感心し、続いてI7マシンのAH77もSSD化しました。

130217ah00

これも言うまでもなく、自己責任で行う改造になります。
この通り作業をして、どのような結果になろうとも、私は関知しませんので悪しからず。
ご質問等も一切お受けいたしません。

HDDの交換はマニュアルには記載されていません。
しかし、このサイズのパソコンなら簡単です。

まず、電源コードを抜き、バッテリーを外し、電源スイッチを5秒ほど押して、電源部に残っている電気を放電させます。

ひっくり返して、ピンクの枠の部分のフタを外します。

130217ah01

フタの右側がくっついているような感じですが、丁寧にそのまま力を入れれば取れます。

続きを読む "富士通LIFEBOOK AH77/EN SSD換装"

|

2013年2月10日 (日)

富士通LIFEBOOK PH75 HDD→SSD (2)

言うまでもありませんが、すべて自己責任ですよ!
取説にも「HDDの交換は自分ではできません」と明記されています。
メモリ増設の方法は書いてあっても、HDDの場所さえ書いてありません。
当然、保証なども無効になります。
下手すれば、修理も受け付けてくれないかもしれません。

こんなブログを見ただけで理解できるスキルは必須です。

とまぁ、お約束のセリフ。

ときに、A4サイズの大きめのノートPCならHDDを外すのは楽。
ひっくり返して一番大きいフタを開ければ、大抵そこにHDD。
ソケットの反対側にスペースが空いてるので、そのまま引っこ抜けば終わり。
まぁ、ネジぐらいあるかもしれませんが。
ググれば結構図解入りで載せてくださってる方がいらっしゃいます。

しかし、モバイルPCとなると、ガクンと掲載は無くなります。
なので、恒例の観察眼で分解方法をさぐりました。

続きを読む "富士通LIFEBOOK PH75 HDD→SSD (2)"

|

富士通LIFEBOOK PH75 SSD換装 (1)

モバイルノートPCの「PH75」。
HDDをSDDに載せ替えました。

以前から興味はあったものの、まだまだHDD並みの容量だとSSDは高くて、二の足を踏んでいました。
しかし、モバイルPCは頻繁に移動する。
静かに扱っているつもりでも、ちょっとテーブルに置いたとき、HDDの衝撃を感知して保護システム作動のメッセージが出ることも。

折しも円安でPCパーツの値上がりがささやかれている昨今、実売価格を調べたら“ほぼ底値”!
わずかに上がり始めた段階で、しかもこの半年ぐらいで急激に安くなっていた。
500GBで3万円程度から!
これなら買っちゃえ、というわけで。

まずはPCの紹介。

130209ssd01

2年ほど経ちますが、一番稼働してるマシンです。
ブログやツイート、それに伴う画像加工、ネット映像のいろいろ作業や、持ち帰り仕事でオフィス系ツールも。

今回換装するのは、サムスンのSSD「840 Series MZ-7TD500K/IT」。

130209ssd02

データ移行用のケーブル、ノートPC用スペーサー、デスクトップPC用スペーサーとSATAケーブルが付いています。
130209ssd03

実売で4,000円ほど高いですが、初回換装の場合は手っ取り早いです。
これらの用意が必要ない方は、本体のみの「MZ-7TD500B/IT」で大丈夫です。
ノートならプラ板切貼りでスペーサーにすればいいですし、デスクトップならアルミ板でちょっと金工かな?

まずはデータ移行。
換装を機に、フォーマットして新たにインストール(リカバリ状態)という手もありますが、面倒ですから。
一応、フォルダ内の整理とデフラグはかけておきました。

続きを読む "富士通LIFEBOOK PH75 SSD換装 (1)"

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »