« 旧東海道プチ散歩(番外編)「そして青山」 | トップページ | FAT32からNTFSへ変更 »

2013年1月15日 (火)

Win7-64bitのJAVA7アップデート

脆弱性が指摘されて問題になっていたJAVA6。
MSさんからダメ出しされちゃってたりしましたが、ようやくJAVA7が公開されました。

しかし、多くのネットニュースに記載されたリンク先は、オラクルの米国サイト。
しかも「デベロッパーツール」やらがぞろぞろ出てきて、どれを選べばよいのやら。

「コンピュータ」からたどってJAVAのコンソールを出しても、64bit版には「アップデートタブ」がありません。

どこのサイトも不親切な解説ばかり。

で、ズバリ教えちゃいます。
ここへアクセスしてください!
 → 「あなたとJAVA 今すぐダウンロード

こんなサイトです。
130115java701

【無料JAVAのダウンロード】ボタンをクリックします。
時々ちょっと待ち時間が発生しますが、画面の指示にしたがって「実行」します。
サイトにつないだまま実行していけばOK。
インストールが終わると、正常にアップデートできてるか、チェックも行われます。

その画面で「JAVA6(古いバージョン)が云々…」と出ますから、JAVA6をアンインストールします。
こちらは通常のアプリケーションと同様、コントロールパネルの「プログラムの削除」をおこないます。

多分、JAVA6とJAVA6(64bit)の2つありますから、両方スルッとマルッと削除しちゃえばOKです。


そうそう、順番が逆になりましたが、念のためアップデート前に『復元ポイント』を作成しておくといいかも。

【スタートボタン】
→ 【コンピュータ】を右クリック
→ 【プロパティ】をクリック
→ 左上の【システムの保護】をクリック
→ 開いた「システムのプロパティ」で【システムの保護】タブを開く
→ 下の方の【作成】ボタンをクリックし、あとは画面の指示通りに。

130115java702

I wish your good luck!(o^-')b

|

« 旧東海道プチ散歩(番外編)「そして青山」 | トップページ | FAT32からNTFSへ変更 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事