« 11年目の車検完了 | トップページ | SonicStage Win7では動作せず »

2011年3月 8日 (火)

赤塚梅まつり

3月6日

板橋区の赤塚公園でおこなわれた「赤塚梅まつり」に行ってきました。

都営三田線の終点、西高島平駅で降り、駅前の陸橋を対角線方向に渡ったら、高速道路沿いにゆっくり歩いて15分ほどで到着です。
東上線成増駅から、国際興業バスで来ることもできます。

110306ume01

(各写真はクリックで拡大表示します)

穏やかなお天気で、近隣の方を中心に大勢の人が来場していました。

110306ume02

全体的に、まだ少し早いようですね。
あと数日~1週間ぐらい経つと満開かな。

板橋区のマスコット、りんりんちゃんも出迎えてくれます。

110306ume03
(各写真はクリックで拡大表示します)

公園にはたくさんの出店やイベントコーナーがあります。
主に区の名産「いたばしのいっぴん」のお店や、姉妹都市などの物産販売、消防などの公共団体のテントが並んでいます。

名産品をつまみに、梅を愛でながら1杯といきたいところですが、残念ながら今の体調ではそれは無理というもの。
のんびり、ゆっくり、歩いていきます。

梅の花は満開の花とつぼみが並び、絵柄的にはなかなかいい感じです。

110306ume04

110306ume05

 
地元の中学生による、お茶席も。

できればいただいていきたいところですが、すでに相当の順番待ちのようです。

110306ume06

ここで場内アナウンスが。
「甘酒の無料配布は終了しました。・・・」
そうだった、先に甘酒もらいに行けばよかった。
知っていたのに完全に忘れてました。

この公園は、赤塚城址。
小高い丘を登ると、そこはかつて天守があったところです。

110306ume07

古武道演舞やバグパイプの演奏も見られるんですね。

ちょうど古武道の時間です。

110306ume08

かっこいいですね!

いろいろな演目を見ていきたいですが、体調が悪くならないうちに歩を進めましょう。

青空に梅が映えます。

110306ume09

反対側から山を降りると、竹林の緑が鮮やか。

110306ume10

山の反対と言っても、もとの公園はすぐ近くです。

110306ume11

公園内には、郷土資料館があります。
ちょっとのぞいていきましょう。

110306ume12

奥に大砲が見えます。
このあたりは高島平という地名が知られていると思いますが、1841年に日本初の洋式砲術の公開演習が行われたところです。
日本砲術との格差に驚き、私費を費やして砲術を完成させた“高島秋帆(たかしましゅうはん)”の名に由来しているのです。

館内は撮影禁止ですが、屋外展示の古民家内では雛人形が。

110306ume13

江戸後期から明治、昭和の雛人形が展示されていました。

もちろん「触れないでください」と書かれているものの、囲いなどはないので幼児が触ってしまったり。
そりゃぁ興味持ちますよね。
お母さんが「見るだけよ!」と慌てている光景も、地域の郷土館ならではの、微笑ましい光景ですね。

郷土館の門前では、地元の農家の方による野菜直売。
ちょうど白菜スープを作ろうと思っていたので、1個購入。

110306ume14

なんと、100円です。安い!

さて、短い時間でしたが、陽射しがあたたかいうちに帰路につくことにします。

110306ume16

乗り入れで日吉まで行けちゃうんですね。
武蔵小杉のホームで向かい側の電車に乗れば、横浜中華街にも一直線です。

では、さようなら。

110306ume17

|

« 11年目の車検完了 | トップページ | SonicStage Win7では動作せず »

01 小さな旅・大きな旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤塚梅まつり:

« 11年目の車検完了 | トップページ | SonicStage Win7では動作せず »