« NHKスペシャル「無縁死3万人の衝撃」に思う | トップページ | 社会科見学☆ 「ガス」について勉強しよう »

2010年2月 6日 (土)

「茨城県自然博物館」に行ってきました

とあることがきっかけとなり、茨城県自然博物館に行ってきました。
天気良好なれど風強し。久々に車を転がしました。

茨城県自然博物館

常磐自動車道の谷和原ICを降りて間もなくこの看板。

谷和原ICを降りて
観光地案内てんこ盛りですなぁ。
IC降りて15分ぐらいで到着です。駐車場も無料で嬉しい限り。

茨城県自然博物館入口
大人520円也を支払い、入館します。ちなみに小中高生は、夏休み等を除く土曜日は無料だそうです。

マンモス
早速迎えてくれるのはマンモスの骨格。

宇宙
幻想的な世界が広がります。

孔雀石
山田五郎教授が推薦しそうな岩石コーナーが充実しています。
孔雀石の不思議な造形。見ようによっては※☆!&$# ヾ(´ε`*)ゝ

珪亜鉛鉱
こちらはブラックライトを当てると幻想的な光を放ち、ジオラマのようにも見えました。

オパール化した二枚貝の化石
こちらは“オパール化した二枚貝の化石”です。
実物は写真よりとても美しく、これを発見した人はさぞや感動したことでしょう。

シーラカンスとフルーツの取り合わせ
次にいろいろな生物の剥製が。
しかし、何故“シーラカンス”と“フルーツ”か?

サメの卵
おっ!サメの卵。面白い形ですね。
おやおや、中で動いている。生きたサメの卵を見るのは初めてです。

小判ザメ
これは小判ザメではないですか。頭の吸盤がちょっとキモス。

さてお腹もすいたので食堂へ。

恐竜カレー
「恐竜カレー」をオーダーしました。
こういうときは、展示内容などをもじったメニューをチョイスせねば。
恐竜のイメージは鶏の唐揚げでしょうか。爬虫類の肉は鶏肉に似てるといいますからね。
予想外にこの唐揚げが美味しかったです。

菅生沼:鶺鴒
屋外展示に移動し、菅生沼に行くとそこはバードサンクチュアリ。

菅生沼:ハクチョウ

天気は良いものの、なんとも風が強く早々に退散することに。

菅生沼
屋外のミュージアムパークも広いので、季節に応じて訪ねてみたくなりました。
茨城県、なかなかやりますな!

|

« NHKスペシャル「無縁死3万人の衝撃」に思う | トップページ | 社会科見学☆ 「ガス」について勉強しよう »

01 小さな旅・大きな旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「茨城県自然博物館」に行ってきました:

« NHKスペシャル「無縁死3万人の衝撃」に思う | トップページ | 社会科見学☆ 「ガス」について勉強しよう »