« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月17日 (日)

秩父夜祭(6) 団子坂曳上

祭りのクライマックスと言われる「団子坂曳き上げ」です。

6台の屋台・笠鉾が急坂を引き上げられ、供奉(ぐぶ)します。

この坂の麓には秩父鉄道の踏み切りがあるのですが、屋台・笠鉾が通るときは架線を外します。通過したら元に戻して電車を通します。これを何度も繰り返さなければならないので、鉄道会社も大変です。

無事登り終えた山車と、羊山から打ち上げられる花火のコンビネーションは実に見事です。

撮影日:2001年12月3日


いやいやしかし疲れました。朝9時ぐらいから21時過ぎまで歩き回り、特に「御旅所」となる秩父公園では17時ぐらいから“ほぼ直立不動”状態。 それでも曳上が始まる2時間前なんですけどねぇ。

立錐の余地もない人ごみの中で、ひたすらビデオを回していたのです。


実は自分の目で「曳上」は殆ど見ることができませんでした。見えるのは前の人の後頭部

竹竿撮法にてビデオカメラの液晶モニターを見るという、ちょうどゴルフ観戦の「潜望鏡」みたい。

周りにいた人たちから「あら、この人のモニターの方が良く見える」と言われる始末。


まぁ、これはこれで楽しい想い出ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父夜祭(5) 御旅所へ

神幸祭の一行が御旅所に向かいます。御旅所というのは斎場のことです。

榊御輿、宮地の日月一対の万灯、楽師集団、各町会奉納のお供物と高張り提灯、大幣束、御輿、神職、神馬と続きます。

撮影:2001年12月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父夜祭(4) 巡行

曳き踊りが終わると、再び巡行開始です。

屋台・笠鉾の後には「茶びん」(=飲食物などを積んだ駕籠)が続きます。
撮影日:2001年12月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父夜祭(3) 曳き踊り

屋台を止め、見事な舞が奉納されます。国指定重要無形民俗文化財となっています。

撮影:2001年12月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父夜祭(2) ギリ廻し

てこ棒で後ろの車輪を上げ、土台中心部にギリ棒を差し入れて屋台を浮かせます。

曳き手が一気に向きを変え、方向転換を行います。

上町屋台はキリンと呼ばれるジャッキなどを使って方向転換するそうです。

撮影:2001年12月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父夜祭(1) 屋台芝居

秩父夜祭は例年12月3日を中心に行われます。京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」の一つに数えられ、もちろん埼玉を代表する祭の一つです。

屋台を広げて作った舞台で、秩父歌舞伎が披露されます。
国指定重要無形民俗文化財です。

撮影:2001年12月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

川越祭(9) ひっかわせ

川越祭といえば最大の見せ場はこの“ひっかわせ”!

2台の山車が鉢合わせになったらお囃子合戦です。

つられてしまった方が負けで、道を譲らなければなりません。

撮影:2003年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭(8) ご挨拶

本部前を通るときは山車の向きを変え、本部席の方々にご挨拶。礼儀正しい祭りです。

撮影:2003年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭(7) 夜の巡行

日の暮れた通りを山車が巡行します。
てこ棒を車輪の下に挟み込んで、進行方向を修正する様子が見られます。

撮影:2003年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭(6) 夜店

祭りといえば欠かせない夜店。中でも飴細工や七味売りは江戸の伝統が感じられて味わいがあります。

撮影:2003年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭(5) 一番街

日が暮れてきて祭りの雰囲気も盛り上がってきます。

撮影:2003年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭(4) 居囃子

見るからにめでたい神楽です。

撮影:2003年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭(3) 子供神楽

子供たちによるかわいいお神楽です。なかなかの芸達者!

撮影:2003年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭(2) 山車巡行

かつてのメインストリート、本川越駅から蔵造りで有名な「札の辻」方向へ山車が巡行します。

撮影:2003年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越祭(1) 本川越駅前にて

祭礼シリーズを復活させました。まずは故郷川越の「川越祭」

今は土日に催されるこのお祭りも、以前は毎年10月14,15日と決まっていて、平日の場合は学校が半日になりました。

久々の祭り訪問は、本川越駅前での“ひっかわせ”から始まりました。

撮影は2003年のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

荒川水上バス クイーンメリッサ号(9) 帰港

帰りの船は室内でのんびり過ごし、秋ヶ瀬に着く頃には日が暮れかけていました。

夕焼けの中、静かに接岸します。

結構風情があって良かったのですが、秋ヶ瀬桟橋が不便なところだったことなどが災いしたのでしょうか。

これが戸田橋あたりを発着点にして、和光市駅と高島平駅あたりから送迎バスでもあったら、どうだったのでしょうねぇ。

今も水辺ラインを運行している小豆沢の発着所なら志村坂上駅から歩いて10分ぐらいだし、赤羽駅から路線バスもあるし。

撮影日:2002.05.25


グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川水上バス その(8) 「葛西臨海公園」

水上バスを降り、葛西を散策しました。

まずはJRで一駅移動し、熱帯植物館へ。温室の中を流れる人工滝が涼しげです。滝の中から眺めるオオオニバスもなかなかにGoodです。
JR新木場駅の直前は、電車が大きなカーブを描きながらやってきます。

葛西臨海公園では思い思いにのんびり過ごす人たちが。シャボン玉が静かに流れていく空の向こうには、羽田に着陸する飛行機がゆっくりと飛んでいきます。

撮影日:2002.05.25


グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川水上バス クイーンメリッサ号(7) 葛西到着

河口を出てすぐに大きく左に進路を変え、目的地である「葛西臨海公園」に到着です。

対岸にはTDLも望めます。

静かに接岸する操船テクニックは流石!

撮影日:2002.05.25


グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川水上バス クイーンメリッサ号(6) 河口付近

海が近づいてきました。

まずは「東京メトロ東西線」と「清砂大橋」をくぐり、続いては「荒川河口橋」に「荒川湾岸橋」、そして「JR京葉線」。右手には江東清掃工場が見えます。

左手には葛西臨海公園の大観覧車。いよいよ東京湾です。

撮影日:2002.05.25


グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川水上バス クイーンメリッサ号(5) 千住あたり

荒川区のあたりになると、プレジャーボートや水上スキーを楽しむ人たちが目立ってきます。

日光街道の通る千住新橋のたもとにそびえるのは「足立区立中央図書館(学びピア21)」。

川幅が広がるとともに、マンションも増えてきます。

撮影日:2002.05.25


グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川水上バス クイーンメリッサ号(4) 戸田あたり

笹目橋のあたりから都県境に入ります。
ここ一帯には多くのグランドがあります。少年野球チームの子供たちが手を振っています。

笹目水門を過ぎると見えてくる大きな建物は「戸田競艇場」です。

間が飛びますが、前方に大きくカーブを描くのは首都高速川口線。手前に芝川水門橋が見えます。

しばし首都高と併走です。

なぜか撮影しなかったのですが、このあたりにはサギやユリカモメなどが多く、船内で販売しているエサをあげるとたくさんの鳥が寄ってきます。

このシーンのほか、新幹線の鉄橋、戸田橋、JR高崎・宇都宮・京浜東北各線の鉄橋群、岩淵水門と数多い撮影スポットを見逃していました。たぶんビールタイムに突入していたかも。

後日、地上から訪ねてみました。
Jrbridge

JRの鉄橋が3つ並んでいます。走行中の電車は京浜東北線です。



Akamon

旧岩淵水門です。その色から通称“赤門”と呼ばれているそうです。

赤門の先には小島(荒川赤水門緑地)があり、渡ることができます。

Shinmon
そしてこちらが新岩淵水門です。

この先は隅田川。写真手前は新河岸川です。荒川は土手の向こう側。

ここは3つの川が交差している場所なのです。

撮影日:2002.05.25


グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川水上バス クイーンメリッサ号(3) 朝霞水門

右手に現れたのは「朝霞水門」。新河岸川流域の浸水被害を防いでいます。

意外に知られていないのですが、荒川にはタンカーが走っており、埼玉へ石油を運んでいます。

「幸魂大橋(さきたまおおはし)」をくぐり、左手の土手の向こうに見えるのは「荒川第一調節池排水門」です。


撮影日:2002.05.25



Saiko01
別の日に撮影した彩湖です。「彩湖・道満グリーンパーク」として整備され、バーベキューも可能です。



Saiko02_2



グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川水上バス クイーンメリッサ号(2) さくらそう水門

出航してすぐ左手に「さくらそう水門」が見えます。

この水門は、鴨川を荒川に合流させるとともに、洪水時には囲繞堤となります。

別ルートの水上バスと入れ替わり、やがて「JR武蔵野線」の鉄橋をくぐります。

次に現れるのは「幸魂大橋(さきたまおおはし)」です。

撮影日:2002.05.25


グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川水上バス クイーンメリッサ号(1) 秋ヶ瀬出航!

「秋ヶ瀬桟橋出航」
水辺がうれしいこの季節。今はなくなってしまった「荒川水上バス」を映像で紹介します。

さて第1部は始発港である「秋ヶ瀬桟橋出航」。川上に向いていた船首を反転し、東京湾に向けて出発です。

この水上バスは、秋ヶ瀬からお台場まで運行されていましたが、現在は運行されていません。

「なぎさコース」は秋ヶ瀬を午前9時に出航し、戸田、川口、岩淵、堀切、平井を経て葛西臨海公園に着くのが11:40。
帰りは15:40葛西臨海公園発で秋ヶ瀬着は18:25。現地には4時間滞在できます。

「レインボーコース」は葛西臨海公園を11:50発で、お台場海浜公園着12:40。帰りお台場14:40発で葛西に15:30というダイヤで、なぎさコースに接続します。これだとお台場滞在は2時間。食事するのがやっとぐらいですね。

秋ヶ瀬~葛西の運賃は2,850円。お台場までは3,650円。これは片道ですので、結構な出費になってしまいます。私は2人で1年間乗り放題の年間パスポート10,000円を購入したので、2回乗れば一人あたり往復2,500円とリーズナブルな額になりましたが。

尚、まだホームページは残っていて「運行休止中」となっていますが、船は3隻のうち2隻は売却され、1隻は埼玉県が費用を立て替えて撤去したそうです。現在は秋ヶ瀬桟橋も撤去されています。

運営していた海洋商船(株)は平成15年1月15日に多額の負債を抱えて営業停止に至り、事実上倒産したことが埼玉県議会で示されています。

撮影日:2002.05.25


グーグルマップ"←撮影地点マップはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

T2ブルーインパルス その17

ローリングコンバットピッチ
最後を飾る演技です。編隊から着陸に必要な間隔を取る目的があります。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その16

カリプソ
会場正面から並んで飛来した2機が、ロールしながら交差して行きます。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その15

バーチカルオープナー
最近は事故の影響で、見られないようです。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その14

キューバンエイト
ソロ機が大空に8の字を描きます。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その13

デルタループ
6機編隊による宙返りです。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その12

フォーポイントロール
90度ずつ4回に分けてロールします。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その11

ダイヤペントループ
撮影日:1995年11月3日 撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県) 元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その10

2機が大空をキャンパスにして、大きなハートを描きます。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その9

ダイヤモンドループ

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その8

コンティニアスロール
会場の左右から飛来した2機が、ロールをしながら交差します。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その7

ダイヤモンド編隊からアローヘッド編隊へと推移します。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その6

水平空中開花

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その5

会場左右から低空飛行してきた2機が、正面で交差します。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その4

ダイヤモンドロール
菱形の編隊で横転します。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その3

背面飛行
2機並んでの背面飛行です。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2ブルーインパルス その2

デルタ編隊に移行しながら、水平に1周します。

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

T2ブルーインパルス その1

1 デルタロール

撮影日:1995年11月3日
撮影地:航空自衛隊入間基地(埼玉県)
元映像はSONY CCD-TR1(Hi-8)で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »