言葉

気になる言葉「特別な許可」

テレビを見ていて気になる言葉。

例えば、デパ地下で話題のお菓子を試食する場面。
普段は売り場で食べる人はいないし、「飲食はご遠慮ください」と言われる場所でしょう。

そのため、テロップで小さく“ことわり書き”が入ることがあります。

「特別許可を得ています」

この言い方だと、通常の許可というものがあって、その中には含まれない内容を含んでいる。
つまり“許可(の内容)が特別”ということですよね。

でも、おそらくそうではないと思うのです。

「特別許可を得ています」ではないのでしょうか。

普通は許可されないのだけど、“例外として認めてもらった”という意味で。

一字の違いですが、どうも最近はその違いがないがしろにされているように思うのです。

| | コメント (0)

「なんだ、これは」

インスタントラーメンのTVCMです。

他の商品を食べて、マズイなぁという意味で
「なんだ、これは」

その後、宣伝商品を食べて、ウマイなぁという意味で
「なんだ、これは」

同じ「なんだ、これは」でも、意味は全然違うとしめくくるのですが、文字にすると全くわかりませんね。
アクセントや顔の表情といった、音や視覚による情報も必要です。

今更言うまでもありませんが、メールなどではこのような場合、絵文字や顔文字で補いますね。

前者は「なんだ、これは (-゛-;)」 angry

後者は「なんだ、これは (^ω^)」 wink

という感じですかね。

他のシチュエーションでは、作った本人はオリジナルの“かくし味”を加えて「ウマイだろ!」と言っているのだけど、ウ~ン微妙というときは
「なんだ、これは (^-^; www」かな?coldsweats01

親しい者同士のメールなら、こんな風にニュアンスを補えますが、公式の文書だったり、目上の人やお取引先様(お客様)へはそうもいかない。
言葉の言い回しや前後の流れを考える必要があります。

物心ついた時からメールに親しんでいる世代には、もしかしたら難しいことなのかもしれません。
「大丈夫かな。」
いや…
「大丈夫かな? (*^m^) 」

| | コメント (0)

お店で聞く「おかしな日本語」

接客用語(?)でおかしな日本語もすっかり定着しましたが、さらに上を行くのかも…

今日、某大手家電量販店でのことです。
外接ドライブとネットワーク機器を買いました。
いずれもUSBケーブルでパソコンにつなぐハードウエアです。

会社で使うものだったので、サービスカウンターで手書き領収書をお願いしました。
そこでの店員さんとの会話ですが、皆さんはどう感じますか?

店「但し書きは“お品代”でよろしいですか?」
私「“PC周辺機器”でお願いします。」
店「周辺機器だと範囲が広すぎるのでお出しできません。
  “PC用品”ならお出しできますが。」
私「“用品”の方が広くないですか?
  それに私が買ったのは“周辺機器”なんですが。」
店「周辺機器だと、パソコンの周りに置くものはすべて含んでしまいます。」

 ※ちょっと絶句 ヾ(*゚A`)ノ

私「用品の方は、プリンタ用紙だのマウスパッドだのを言うんじゃないの?」
店「そういう決まりですので…」

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

別に“PC周辺機器”でも“PC用品”でも、経理から文句は言われないので、それ以上はやめておきました。

蛇足ながら…
“周辺機器”:たとえばプリンタやスキャナなど、パソコンとつないで使うハードウエア。

“パソコン用品”:便利グッズなどを含め、パソコンを便利に使ったり、楽しくする雑貨も含めたあらゆる品物。

完全に解釈を間違ってる。( ̄Д ̄;;
これが日本でイチニを争う大手量販店の、その中で最も大きいと思われる店舗のサービスカウンターです。

そもそも範囲が広いとダメというのなら、「お品代」はいかがなものか?

中国語の通じる店員さんを置くなど、外国語対応を進めている同店。
頼むから、その前にまともな日本語が使えるようにしてくださいな。(´_`。)

| | コメント (0)

日本で日本語会話は成立しているのか?

手紙の末尾などに書くことがある、この言葉。
『ご自愛ください』
例えば、「ご多忙の折、ご自愛ください。」といえば、忙しくて無理をしがちだけど“カラダを壊さないように気をつけてくださいね”という意味ですわな。

釣りかもしれないけど、これを「何で手紙の最後にマスターべーションしてくれなんて書くんだろう?」という書き込みがありました。
“自”を“愛”するから、そう思ったんでしょうか。
┐(´д`)┌

『気の置けない友人』
これもよく言われますが、「気を許すことができない(安心できない)」とか。
これも「気兼ねのいらない(心を許せる)」という意味が正解。

『天地無用』だからと、その荷物をひっくり返しちゃったり、上司宛の『親展』文書を“誰でも開けていいよ”という意味だと思って開封しちゃったり。

たしかに文字面だけ見るとそんな解釈も無理はないかなとも思えますが、小学生に英会話を教える前に、きちんと日本語が通じるようにして欲しいですな。

| | コメント (0)

おかしな日本語「金額のご提示」

会社からの帰り道、コンビニで振込みをしてきました。

自分:「振り込みお願いします」と言って、レジに振込用紙を置きました。
カバンから財布を出そうとしていると、店員さんが・・・
店員:「金額のご提示をお願いします。」

自分:「?」
金額なら振込用紙に書いてあるじゃない?

さらに
店員:「金額のご提示をお願いします。」
レジをてきぱき操作しているので、先に確認ボタンを押すのかと思い、レジ機の画面を見ても『OK』ボタンが出ない。金額も小さい表示のまま。

またもや
店員:「金額のご提示をお願いします。」
自分:「???」despair
    「あぁ、金払えってことね!
店員:「はい。先に数えるように言われているので。」

なら「お支払いをお願いします。」というべきだろう。
しかもあきらかに財布を出そうしているんだから、あと2秒と待たせないだろうに・・・

ついでながら「先に数える」というのも変だろう。
「先に金額を確認するように言われているので」ではないのか。

結構聡明そうな青年がはっきり言うのだから、おそらくマニュアルに記載されている文章なのでしょう。

マニュアルを作るのは、おそらく本社の管理部門の方々だろうか。
頼むから、丁寧なつもりで意味の違う文章を作らないでくれ!pout
先の文言でわかれというのなら、「提示」しか求められていないのだから、お金を見せるだけにするぜ!bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤いスイートピーって!?

先日某テレビ番組を見て驚きました。

「赤いスイートピー」なんてものはなかった!coldsweats02
NHKの朝ドラでも盛んに歌われた、言わずと知れた松田聖子さんのヒット曲。

続きを読む "赤いスイートピーって!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる言葉づかい 「食べやすい」

所謂グルメ番組などで、若い女性に多くみられる言葉づかい。
「たべやす~い」

これは“美味しい”というつもりなのでしょうが、どうも気になります。
私はこの言葉を使う場合は、次のようなときだと思うのです。
「ピーマンの嫌いな子供でも、細かく刻んでハンバーグに混ぜ込むと“食べやすい”です。」
「少しクセのある食材なので、油でからっと揚げると“食べやすく”なります。」

要するに、「あまり美味しくないもの、あるいはクセがあるものだが、これなら食べられる」という意味ではないのでしょうか。

ですから美味しいのなら素直に「美味しい」と言って欲しいものです。
また最近女性アイドルがよく使う「うまい」も、ちょっと品がないように感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼたもち・おはぎ→夏と冬は?

ちょっと季節外れですが・・・

cherryblossom春のお彼岸に食べるのは「ぼたもち」
 牡丹の花の季節にちなんだ名称です。
maple秋のお彼岸に食べるのは「おはぎ」
 萩の花の季節にちなんだ名称です。

と、ここまでは誰でも知っていますよね。では夏と冬の呼び方は?

wave夏は「夜船」
 夜、ひそかに川岸に船が“着いたのがわからない。”
snow冬は「下窓」
 障子の下半分だけ外が見える窓で、月が見えない=“月知らず”

いずれももち米を完全に搗いた餅ではないというところを洒落たのだそうです。
ラジオ放送を聞いたときのメモが引き出しの奥から出てきたので、忘れないうちにメモ代わりにアップしました。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小洒落た

よくこのような表現をする人がいます。
「今度駅前にできたレストラン。小洒落た感じでいいよ。」

これはこう言うべきではないのでしょうか。
「今度駅前にできたレストラン。小粋な感じでいいよ。」

小洒落た=ふざけた
小粋な=気が利いて、ちょっとお洒落

この“ちょっとお洒落な”という言葉を「小洒落た」という言葉が表していると思い込んでいるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる言葉づかい 「頑張るので」

ファミレスなどでよく使われる「・・・ハンバーグの方になります」っていう言葉づかいが取り上げられますが、もっと気になる言葉づかいがあるのです。
デビュー間もないアイドルによくみられるのですが、個人的にはとても耳障りなのです。それは

「・・・頑張るので、よろしくお願いしま~す!」gawk

頑張“るので” ?

“るので” ?think

これは「・・・頑張りますので、よろしく・・・」というのが正しいのではないでしょうか。
丁寧語で話している間に、どうしてここだけ場違いな言葉を挟んでしまうのでしょうか。
この言葉づかいが指摘されることは無いようですが、誰も気にならないのでしょうか。

ついでながら「耳障り(=不快な状態)」を「耳触り」と誤解している人もいて、「耳ざわりが良い」などと言う表現を時々耳にしますが、それこそ耳障りであります。despair

| | コメント (2) | トラックバック (0)