趣味

ウォークメン

我が家の「ウォークメン」happy01

21011205walkmen01

1個、アイワだけど。coldsweats01

最初の「カセットボーイ」は、電車通勤になって買ったもの。
それまではクルマ通勤でしたから、カーステレオでした。

次がMDウォークマン。
ホームオーディオにつながるベースステーション付。

MDの製品寿命は短かったですね。
時代はすぐにMP3。

21011205walkmen02

それも2代目になりました。happy01

|

2代目レグザ

レグザ・ビデオサーバー2代目、当家にやってまいりました。

12122411

一番下は“長男”の「SONY BDZ-X90」 BDレコーダーとしてはちょっと年季が入ってきましたが、当時はフラッグシップ機。 得意技は“おまかせ録画”。 今、ローラがCMやってますが、キーワード「中川翔子」で実によく拾ってくれる。 たまに、新番組の番宣に出てるだけだったりしますが、そんなチョイ出でも拾っちゃうほど。 何度も助けられました

続きを読む "2代目レグザ"

|

新しい“武器”ビデオサーバー

ついつい、また買い込んでしまいました。coldsweats01
東芝REGZA・ビデオサーバー「DBR-M190」

ずっと興味は持っていましたが、お値段でなかなか踏み切れず。think

12072910

半年ほど前に店頭で見たときは、たしか20万円近かったはず。
春に見たらネットで15万円、店頭で18万円ぐらいだったような記憶が。
編集機能が使いやすいソニーのフラッグシップ機で、タイムシフト機能があったらこのお値段で即買いだったかも。

しかし今やネットで10万円台。
店頭でもポイント併用で実質同じぐらい…というより10万円を切りました。coldsweats02

そのぐらいのお値段なら、見逃し録り逃し防止として高くはないなと。
昨日届いてセットアップ。
さて、今朝確認してみると…

12072911

Good Good!scissorshappy01
クチコミで言われているほど使いづらくもありません。
まずはマニュアルをしっかり読み込まないと。bleah

| | コメント (0)

AV環境プチ改善

AVと言っても、私たちの世代は『Audio & Visual』ですのでお間違いなく!

映像機器周りを、プチ改善しました。happy01

Before

AV機器群

BDプレーヤー2台にCATVのSTB。
そして一番下には、今や貴重品ともいえる「Hi8 & S-VHS」のデッキ。
ライブラリ再生環境として、大切です。wink

ですが、出番はたまにしかないVTRを別の場所に移し、手持ち資産の一つであるこの子とチェンジ。

JX-S900

VICTORのAVセレクター「JX-S900」。
20年以上は経ってますが、ものもちの良さだけは自信のある私。
傷はもちろん、目立った汚れもなく、もちろん完動!scissorsbleah

で、After

プチ改善後

で、このようなスタイルに。
「なぜにアナログのセレクター?」とお思いでしょうね。
拙宅のオーディオはアナログなのと、スタビライザーを使ってのスクリーンショットなど、アナログならではの手軽さも。

S-Video端子付きのノートPCをつないで、DVDに録画するのも簡単ですしね。happy01good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗務員

先日、中野に出掛けた際、ブロードウエーで乗務員を採用してきました。happy01

11100201
 

はとバス採用、大黒ももえさん。

東武鉄道採用、栗橋みなみさん。(鉄道娘ですがcoldsweats01

お二人とも、よろしくお願いします~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続々とグッズ到着

先週のとある日。
続々と宅配便やゆうパックが届きました。

まずはコレ。

110411goods01
 
田植えの時期ですから。wwwcoldsweats01
「ミニカのトラクター」
そして奥に見えるのは・・・

110411goods02
 
これも春らしいカラーの「耕運機」
あるんですねぇ、こんなミニカーも。
そして農業機械といえば、あの天気予報で有名だった・・・

続きを読む "続々とグッズ到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIGA

昨日、BDレコーダーを買い増ししました。

パナソニックのDIGA DMR-BWT1100-Kです。
DIGA DMR-BWT1100-K 目的の一つは、CATVのSTBからTS出力で録画するため。

もう一つは、拙宅に1台残っているアナログテレビの“地デジ化”。
(三菱の36インチワイド)
チューナー買うんなら、レコーダー買っちゃった方がいいやと。

一つめは、要するにケーブルテレビのセットトップボックスから、HDのCS番組を録画するため。
通常はアナログ出力をレコーダーにつなぐしかないから、ハイビジョンも標準(SD)になってしまいます。
現状、TS入出力があるのはパナソニックとシャープだけ。
かつてあったD-VHSとの関係ですかね。

いろいろクチコミなどを調べてみると、パナの方が安定しているらしい。

HDDが1TBあっても“巨大なごみ箱化”になるだけだし、このシリーズで一番安い機種(それでも500GB)を選択。

3D再生機能もあるけど、テレビが対応してないので当面これはお預け。

2月ぐらいには新機種が出るらしいので、現在ほぼ底値と思われます。
なので、(メ)110,000円が、69,800円+16ポイントで実質58,000円ほどでした。
ネット通販だともっと安いところもありますけど、長期保証会員に入っている販売店だし、在庫ありで持ち帰れたので満足。

バースデープレゼント for Me というわけです。happy01 birthday

(とのたのアメブロとダブルポストです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラビアげっと

我が家には稼働中のtvテレビは3台。
うち“デジタル化対応”しているのは1台。
AQUOSの52インチで、リビングに配備です。

今冬のボーナスで、もう1台デジタル化をしておこうと考えました。
現在は28インチ(4:3)のブラウン管テレビなので、置き場所を考えて32型に決定。

続きを読む "ブラビアげっと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松下電器からパナソニックへ

10月からの社名変更のため、松下の看板が外されたとのニュースを見ました。

Panasonic と言えば、松下のオーディオブランド名として使用されてましたよね。
家電はナショナル、オーディオはパナソニックと使い分けられていました。

思えば昭和50年代だったでしょうか。各家電メーカーは、オーディオ機器は別のブランド名で販売していました。

東芝 → オーレックス Aurex
日立 → ローディー Lo-D
三菱電機 → ダイアトーン DIATONE
トリオ → ケンウッド KENWOOD
といった具合。
Audio01


我が家の現役コンポ(オーディオセット)です。
AurexのAdres(アドレス)は、Automatic Dynamic Range Expansion System の頭文字をとったノイズリダクションシステムですが、あの頃はカセットテープでいかに高音質の録音をするかが競われ、今でも馴染みのあるDOLBY(もっともDOLBY-B、DOLBY-Cなんて区別がありましたが)の他、dbx、ANRS、スーパーANRS などというのもありました。
ついでながら、VHSビデオレコーダーにつないで音楽を高音質録音するためのアダプターもありました。
さらについでながら、極めて短命だったLカセットなんてのもありましたよね。

トリオというメーカー名は若い人は知らないかもね。無線機メーカーだけあって、チューナーはKENWOODがいい、なんて語ってました。アンプやチューナーの他、テスターなどのキットも出していました。

“コンポ”(コンポーネントの略)と言って、アンプ、チューナー、ターンテーブル、カセットデッキ、スピーカーなど、それぞれ異なるメーカーの製品を組み合わせるのが流行りました。

Audio02


上から
 ターンテーブル   :ビクター JLB-41S ※
 MD          :ソニー MZS-R4ST
 チューナー      :パイオニアTX8900 ※
 CDプレーヤー    :DENON DCD810
 サラウンドプロセッサ:KENWOOD SC-700
 ノイズリダクション  :オーレックス AD3-S
 カセットデッキ    :TEAC W-790R
 プリメインアンプ   :ONKYO integra A-927
ここには写っていませんが
 スピーカー(F)    :DIATONE DS-28B ※
 スピーカー(R)   :YAMAHA NS-1000MN
 サブウーハー    :YAMAHA YST SW80
※は昭和51年購入
てな構成です。若い人には?でも、同世代に方には懐かしんでいただける部分もあるのでは。
何しろおよそ半分は高校生のときのものを、30年以上経った今でも使っているのですから・・・happy01

ときにDENON(デンオン)がDENON(デノン)に社名変更したのは、ちょっとショックでしたね。その理由が「デンオン」と読んでもらいにくいからとのこと。オイオイそんな迎合の仕方があるのかいなと思ったものですが・・・。

AIWA(アイワ)というメーカーもありましたよね。カセットボーイ、今も持ってます。happy01

最近の若い人はどうなんでしょうね。
i-podや携帯にヘッドフォン挿している人は多く見かけますが、“音にこだわる”人って、どのぐらいいるのでしょうか。車同様、そんなこだわりは古いのかな?confident

あの頃よく通った「マツモト電器」も今はなく、「福岡無線」は中古家電等の買取&販売店(HARD Offなど)になっています。
オーディオコーナーに通いつめた元オーディオ少年としては、ちょっと寂しい今日この頃です。think

ツートラサンパチ、カセットデンスケ(ちなみにTC2850-SDを今も持ってます)、エアチェック、今の若者には呪文かな?coldsweats01

※2008/9/29一部修正しました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラジオ SONY SPORTS11

きのうの“タモリ倶楽部”でラジカセを取り上げていました。

物持ちのいい拙宅には、我が青少年時代に夢中になった当時のラジオ/ラジカセがあります。
第一弾として紹介するのは、私が初めて買ったオーディオ機器であるSONY製ラジオ「SPORTS 11」です。

Sports111

小学校6年生のときに、それまで6年間にわたってお年玉を貯めた貯金を下ろし、当時埼玉県ではメジャーだったマツモト電器で購入しました。
車でいえばジープのような感覚ですね。アンテナが太くて、本体にロックすると取っ手になりました。
また“防滴”といって、防水ではないけれども少し雨がかかったぐらいなら大丈夫という、アウトドア指向のラジオでした。

AM/FM/SWと3波対応。当時はTBS(AM)とFM東京がお気に入りでした。
短波では時報用の信号(地味~っ!)、ラジオオーストラリアなどを必死になって見つけていました。
しかしなかなかに選局が難しく、実際にはジャミング音や朝鮮語の放送がよく受信できていたのでした。

Sports112

裏面にはイヤホン端子のほか、タイマーをつなぐ端子やMPX OUT(マルチプレックス アウト)端子などがありました。
タイマー端子には秋葉原のパーツ屋さんで買ってきたマイクロスイッチをつなぎ、そのマイクロスイッチを指にはさんで寝ていました。
眠ってしまうと指の力が抜け、電源が切れる仕組みです。自分が寝入るとスイッチが切れる、究極のスリープタイマーであります。scissors

またMPX OUT端子に専用のアダプターをつなぐと、ヘッドホン限定でしたがFMステレオ放送を聴くことができたのでした。
中学に入ってからアダプターを購入し、我が家初のステレオ音楽を聴きながら、父親が母親に「喫茶店みたいだろう」と説明していたことを覚えています。
当時、ステレオセットが置いてある場所といえば、喫茶店が代表格だったのでしょう。catface

このラジオ、2年前ぐらいまでは受信できていたのですが・・・weep

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧