カウントダウン

京都の旅

  • 11 妙満寺 山門
    2009年のお盆休み。京都市の顕本法華宗総本山の「妙満寺」さんと、天橋立を訪ねました。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

趣味

我が家最古の「鉄道模型雑誌」

我が家に残る、最古の鉄道模型雑誌。

20200413tmj_01

昭和33年6月号。w

これ1冊しかありませんが、これしか買わなかったのか、これしか残らなかったのかは不明。
当時はNゲージはなく、主流はHOゲージ。
父親が興味を持っていたようです。
子供向けにはレールが三本あるOゲージがありましたが、それでも高価な物。
おいそれと手が出るものではありませんでした。

20200413tmj_02

専ら交通博物館などで見るものでした。

続きを読む "我が家最古の「鉄道模型雑誌」" »

ウォークメン

我が家の「ウォークメン」

21011205walkmen01

1個、アイワだけど。

最初の「カセットボーイ」は、電車通勤になって買ったもの。
それまではクルマ通勤でしたから、カーステレオでした。

次がMDウォークマン。
ホームオーディオにつながるベースステーション付。

MDの製品寿命は短かったですね。
時代はすぐにMP3。

21011205walkmen02

それも2代目になりました。

2代目レグザ

レグザ・ビデオサーバー2代目、当家にやってまいりました。

12122411

一番下は“長男”の「SONY BDZ-X90」 BDレコーダーとしてはちょっと年季が入ってきましたが、当時はフラッグシップ機。 得意技は“おまかせ録画”。 今、ローラがCMやってますが、キーワード「中川翔子」で実によく拾ってくれる。 たまに、新番組の番宣に出てるだけだったりしますが、そんなチョイ出でも拾っちゃうほど。 何度も助けられました

続きを読む "2代目レグザ" »

新しい“武器”ビデオサーバー

ついつい、また買い込んでしまいました。
東芝REGZA・ビデオサーバー「DBR-M190」

ずっと興味は持っていましたが、お値段でなかなか踏み切れず。

12072910

半年ほど前に店頭で見たときは、たしか20万円近かったはず。
春に見たらネットで15万円、店頭で18万円ぐらいだったような記憶が。
編集機能が使いやすいソニーのフラッグシップ機で、タイムシフト機能があったらこのお値段で即買いだったかも。

しかし今やネットで10万円台。
店頭でもポイント併用で実質同じぐらい…というより10万円を切りました。

そのぐらいのお値段なら、見逃し録り逃し防止として高くはないなと。
昨日届いてセットアップ。
さて、今朝確認してみると…

12072911

Good Good!
クチコミで言われているほど使いづらくもありません。
まずはマニュアルをしっかり読み込まないと。

AV環境プチ改善

AVと言っても、私たちの世代は『Audio & Visual』ですのでお間違いなく!

映像機器周りを、プチ改善しました。

Before

AV機器群

BDプレーヤー2台にCATVのSTB。
そして一番下には、今や貴重品ともいえる「Hi8 & S-VHS」のデッキ。
ライブラリ再生環境として、大切です。

ですが、出番はたまにしかないVTRを別の場所に移し、手持ち資産の一つであるこの子とチェンジ。

JX-S900

VICTORのAVセレクター「JX-S900」。
20年以上は経ってますが、ものもちの良さだけは自信のある私。
傷はもちろん、目立った汚れもなく、もちろん完動!

で、After

プチ改善後

で、このようなスタイルに。
「なぜにアナログのセレクター?」とお思いでしょうね。
拙宅のオーディオはアナログなのと、スタビライザーを使ってのスクリーンショットなど、アナログならではの手軽さも。

S-Video端子付きのノートPCをつないで、DVDに録画するのも簡単ですしね。

乗務員

先日、中野に出掛けた際、ブロードウエーで乗務員を採用してきました。

11100201
 

はとバス採用、大黒ももえさん。

東武鉄道採用、栗橋みなみさん。(鉄道娘ですが

お二人とも、よろしくお願いします~す!

続々とグッズ到着

先週のとある日。
続々と宅配便やゆうパックが届きました。

まずはコレ。

110411goods01
 
田植えの時期ですから。www
「ミニカのトラクター」
そして奥に見えるのは・・・

110411goods02
 
これも春らしいカラーの「耕運機」
あるんですねぇ、こんなミニカーも。
そして農業機械といえば、あの天気予報で有名だった・・・

続きを読む "続々とグッズ到着" »

DIGA

昨日、BDレコーダーを買い増ししました。

パナソニックのDIGA DMR-BWT1100-Kです。
DIGA DMR-BWT1100-K 目的の一つは、CATVのSTBからTS出力で録画するため。

もう一つは、拙宅に1台残っているアナログテレビの“地デジ化”。
(三菱の36インチワイド)
チューナー買うんなら、レコーダー買っちゃった方がいいやと。

一つめは、要するにケーブルテレビのセットトップボックスから、HDのCS番組を録画するため。
通常はアナログ出力をレコーダーにつなぐしかないから、ハイビジョンも標準(SD)になってしまいます。
現状、TS入出力があるのはパナソニックとシャープだけ。
かつてあったD-VHSとの関係ですかね。

いろいろクチコミなどを調べてみると、パナの方が安定しているらしい。

HDDが1TBあっても“巨大なごみ箱化”になるだけだし、このシリーズで一番安い機種(それでも500GB)を選択。

3D再生機能もあるけど、テレビが対応してないので当面これはお預け。

2月ぐらいには新機種が出るらしいので、現在ほぼ底値と思われます。
なので、(メ)110,000円が、69,800円+16ポイントで実質58,000円ほどでした。
ネット通販だともっと安いところもありますけど、長期保証会員に入っている販売店だし、在庫ありで持ち帰れたので満足。

バースデープレゼント for Me というわけです。

(とのたのアメブロとダブルポストです)

ブラビアげっと

我が家には稼働中のテレビは3台。
うち“デジタル化対応”しているのは1台。
AQUOSの52インチで、リビングに配備です。

今冬のボーナスで、もう1台デジタル化をしておこうと考えました。
現在は28インチ(4:3)のブラウン管テレビなので、置き場所を考えて32型に決定。

続きを読む "ブラビアげっと" »

松下電器からパナソニックへ

10月からの社名変更のため、松下の看板が外されたとのニュースを見ました。

Panasonic と言えば、松下のオーディオブランド名として使用されてましたよね。
家電はナショナル、オーディオはパナソニックと使い分けられていました。

思えば昭和50年代だったでしょうか。各家電メーカーは、オーディオ機器は別のブランド名で販売していました。

東芝 → オーレックス Aurex
日立 → ローディー Lo-D
三菱電機 → ダイアトーン DIATONE
トリオ → ケンウッド KENWOOD
といった具合。
Audio01


我が家の現役コンポ(オーディオセット)です。
AurexのAdres(アドレス)は、Automatic Dynamic Range Expansion System の頭文字をとったノイズリダクションシステムですが、あの頃はカセットテープでいかに高音質の録音をするかが競われ、今でも馴染みのあるDOLBY(もっともDOLBY-B、DOLBY-Cなんて区別がありましたが)の他、dbx、ANRS、スーパーANRS などというのもありました。
ついでながら、VHSビデオレコーダーにつないで音楽を高音質録音するためのアダプターもありました。
さらについでながら、極めて短命だったLカセットなんてのもありましたよね。

トリオというメーカー名は若い人は知らないかもね。無線機メーカーだけあって、チューナーはKENWOODがいい、なんて語ってました。アンプやチューナーの他、テスターなどのキットも出していました。

“コンポ”(コンポーネントの略)と言って、アンプ、チューナー、ターンテーブル、カセットデッキ、スピーカーなど、それぞれ異なるメーカーの製品を組み合わせるのが流行りました。

Audio02


上から
 ターンテーブル   :ビクター JLB-41S ※
 MD          :ソニー MZS-R4ST
 チューナー      :パイオニアTX8900 ※
 CDプレーヤー    :DENON DCD810
 サラウンドプロセッサ:KENWOOD SC-700
 ノイズリダクション  :オーレックス AD3-S
 カセットデッキ    :TEAC W-790R
 プリメインアンプ   :ONKYO integra A-927
ここには写っていませんが
 スピーカー(F)    :DIATONE DS-28B ※
 スピーカー(R)   :YAMAHA NS-1000MN
 サブウーハー    :YAMAHA YST SW80
※は昭和51年購入
てな構成です。若い人には?でも、同世代に方には懐かしんでいただける部分もあるのでは。
何しろおよそ半分は高校生のときのものを、30年以上経った今でも使っているのですから・・・

ときにDENON(デンオン)がDENON(デノン)に社名変更したのは、ちょっとショックでしたね。その理由が「デンオン」と読んでもらいにくいからとのこと。オイオイそんな迎合の仕方があるのかいなと思ったものですが・・・。

AIWA(アイワ)というメーカーもありましたよね。カセットボーイ、今も持ってます。

最近の若い人はどうなんでしょうね。
i-podや携帯にヘッドフォン挿している人は多く見かけますが、“音にこだわる”人って、どのぐらいいるのでしょうか。車同様、そんなこだわりは古いのかな?

あの頃よく通った「マツモト電器」も今はなく、「福岡無線」は中古家電等の買取&販売店(HARD Offなど)になっています。
オーディオコーナーに通いつめた元オーディオ少年としては、ちょっと寂しい今日この頃です。

ツートラサンパチ、カセットデンスケ(ちなみにTC2850-SDを今も持ってます)、エアチェック、今の若者には呪文かな?

※2008/9/29一部修正しました

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30