« 「焼きそば」いろいろ | トップページ | レコード盤 »

電池交換

炊飯器の時計部表示用電池が寿命らしい。
コンセントを抜いてしばらくすると、表示が消える。

取説を見ると、「リチウム電池の交換」で、お客様では交換できないから「SSに送れ」とのこと。

ググってみると、約3,000円。bearing
自分で替えれば、ボタン電池1個で数百円の代物。
百均にもあるでしょう。
ただし、裏蓋外して、加熱用コイルを外して、液晶基板外してと、面倒さもハンパない。
電池の場所に辿りついても、基板に直付けなので、ハンダ熔かして、配線切って、電池ケース自作するなりコード固定するなり、面倒くさいことこの上ない。

詳しい方が暗電流を実測したところ、年間の待機電気代は缶ジュース1本程度らしい。

結局、何らかの手を施すよりも、「電池が切れたらコードを抜かずに置いておく」か、「タイマーは使わずに炊く」か。
前者でOKという結論に至りました。

数百円のコストアップになるのかもしれないけど、電池交換ぐらい容易に出来るように設計して欲しいすな。despair

|

« 「焼きそば」いろいろ | トップページ | レコード盤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事