カウントダウン

京都の旅

  • 11 妙満寺 山門
    2009年のお盆休み。京都市の顕本法華宗総本山の「妙満寺」さんと、天橋立を訪ねました。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 石の上にも半日?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ | トップページ | 礼に始まり… »

英語が通じない日本人

テレビでまたもや取り上げられた、この問題。
外国人旅行者からみた、日本で困ったことの1位は、「英語が通じない」(;´∩`)

全国にどれだけの英語教師、英語教育関係者がいるのでしょう。

誰も気づかないのか、なぜ目の前の生徒が???なのか。

最初に習う英語の教科書。
例えば「My name is tonota.」

これを「私の名前はとのたです。」と訳す。

これがダメなんです。

まずbe動詞を、文末の「です」だと思ってしまう。

次第に、英語にはない助詞の入れ方に悩んでいく。

単語の順番を入れ替えているうちに、混乱する。

例文はこう訳すべきでは?
「私の名前 = とのた」

まず英文法にしたがって、日本語を組み替える。
そもそも日本語は、単語、語順、助詞や敬語、発音の仕方から使う音声周波数帯域など、特異な言語なんだから、その違いを徹底する。

例えば「私 行った 学校 友人と 昨日。」

どんなことから言うのか。
英語では最初の部分で結論がわかり、説明が重要な順に付け加わる。
日本語とは全く逆。

これがわかったら、あとは単語を置き換えるだけ!

RとL?
そんなのどうでもいい!
どうせ日本人が言語として認識してない周波数帯域なんだから。
中国人だってインド人だって、独特の癖のある英語で、堂々と渡り合ってるじゃないですか!(*°∀°)ノ

それよりアクセントが大事。

それと「インストア ナウ」なんて、出鱈目な英語風日本語はやめるべきです。ヽ(;´Д`)ノ

« 石の上にも半日?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ | トップページ | 礼に始まり… »

教育」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31