カウントダウン

京都の旅

  • 11 妙満寺 山門
    2009年のお盆休み。京都市の顕本法華宗総本山の「妙満寺」さんと、天橋立を訪ねました。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 北欧車 | トップページ | まやかしの「定年延長」は困る »

現車カタログ

現在の愛車、クライスラー・グランドボイジャーのカタログです。

ボイジャーのカタログ

いかにもファミリーユースのクルマという性格を表しています。

ボイジャーのカタログ

あちらの郊外の住宅は、広くていいですねぇ。

ドライバーズシート

国産ミニバンの運転席まわりって、車体が大きくても意外に窮屈。
その点、ボイジャーは広々としていますし、ウエストラインが低めなので、視界も結構いいんです。

特にグランドは、3列めのシートも十分な広さ。

シートまわり
大人が長距離乗っても、全然問題なしです。

2列のキャプテンシートの間も結構あるので、シートを倒したりせずに3列目に移動できます。

スペースユーティリティー

右下の写真では、ニックネームの通り“サッカーマム”してますね。

安全性もしっかりしています。

安全装備

以前ディーラーさんで、修理のために入庫している車両を見ました。
大型トラックに側面衝突され、サイドが大きく「く」の字にひしゃげています。
しかしシートの部分までは影響は及ばず、ガッチリガード!
乗員の皆さんもご無事だったそうです。

裁判大国ということもあって、頑丈さはしっかりしているようです。

ラインアップ

赤が欲しかったんですけどねぇ。

以前ほどではありませんが、結構イジっています。

たとえばヘッドライトのHID化。べロフのタイプ・ル・マンをインストールしました。

HID化

だいぶワイヤーが余っちゃってますが。w
ボイジャーのウイークポイントは、ヘッドライト性能がイマイチなところ。
HID化で明るさは改善されましたが、レンズおよび反射鏡がどうも…。

テールライトも換装しました。
アメリカのショップから通販で購入した「Euro Altezza」タイプ。

ユーロテール
本国仕様と日本仕様では配線が異なるので、テスター片手に分析。
アダプターを自作して換装しました。→ 換装記

本国テールを付ける時の定番作業。
アメリカではウインカー=赤、テール/ブレーキ=赤。
日本ではウインカーは「橙色」なので、赤の2灯はテール/ブレーキに。
バックライトのクリアレンズ部分に、橙色のバルブを付けてウインカーに。
そしてバックライトは外付けで対応します。

これは結構早い時期におこなった、アーシング。

アーシング
オーナーズクラブのメンバーさんの手作り品です。

オーディオはウォークマンを直接つなげるように改造。
FM飛ばしも使ってみましたが、ローカル局や他社のFM飛ばしと混信すること頻繁。

オーディオ
これもアメリカのショップから、CDチェンジャー用端子を利用したAUX-INアダプターを購入。
自分で取付方法を分析しながら、インストールしました。
 → 装着記

安全装備のフロントアイ・カメラ。
車庫にミラーをつけるより、どこでも使えるカメラを装着。

フロントアイ カメラ

配線の引き回しに苦労しましたが、もちろん自分でインストール。
 → 装着記

そして『貪欲化』計画。
まずはナンバーを希望番号で貪欲化し、次にナンバーフレーム。
そしてリアには発光パネルを自作。

貪欲化

他にもドアリモコン換装や、いくつかのプチ改装。
13年を経過しましたが、ここ数年は全くトラブルなし。
まだまだ元気です。

« 北欧車 | トップページ | まやかしの「定年延長」は困る »

」カテゴリの記事

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30