« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

正解は?

最近は、魚離れを食い止めようと、お手軽に魚介類を調理できるパックが売られています。

13013001

牡蠣には貴重な亜鉛も含まれているし、「海のミルク」と言われるぐらい、滋養が豊富だしね。

さて、加熱時間は?

13013002

「牡蠣」なんですけど…

正解は?ヽ(;´ω`)ノ

|

受験の季節

1月から2月にかけて、高校や大学受験の本番ですね。

今は試験も多様化し、日程も広範囲になりました。
以前は高校なら県内私立、都内私立、公立の大きく3回。
大学は私学、国立1期校、国立2期校の、これも大きく3回です。

そう、センター試験でも共通一次でもない。
その前の1期、2期の時代です。(^ω^;)
入試の時期で思い出す音楽は、TAM TAMの「友達でいいから」

続きを読む "受験の季節"

|

パラドックス

「サイバーナイフ」という医療機械があるそうです。
日本にはまだ2台しかないとか。

体を切り開いて癌を切除するのではなく、ピンポイントでX線を照射して化学的に切る。
もちろん人間の体は呼吸や拍動でも動きます。
その動きに追従して、サイバーナイフも正確に動きます。

この仕組み、迎撃ミサイルのシステムの応用だそうです。

メスを入れられないような体の奥とか、体力的に外科手術に耐えられない患者さんにも施術可能という優れものです。

続きを読む "パラドックス"

|

先生の駆け込み退職

埼玉県で教職員を含む定年退職者の退職金を、2月から減額するということで、駆け込み退職する先生のことが話題になっています。
実は埼玉県だけではないのですが、たまたま話題に上ったのが埼玉県なわけですが…。

たしかに先生への期待としては、
「卒業や進級を見届けてから退職して」
「年度途中で児童生徒を放り出すの?」
という批判なども理解できます。

しかし、教師とて、一労働者。
数十万円の収入減となれば、むやみに否定もできないと思います。

そもそも、他の職業では、60歳を迎えた時点で定年退職日となります。
しかし、先生の場合、60歳になった年度の末尾で定年退職となります。
その仕事の特殊性から、特例的措置がとられているわけです。

だったら!

行政側が、退職金減額の規定の中で、
「但し、教職員については当該年度中は、この適用を除外する」
と、一文加えれば良かったのではないでしょうか。
元々特例的措置があるんですから、児童生徒のことを考えろというのなら、先生が安心して年度末まで働けるような、条件整備も必要だと思います。

そして、民間と比べて高いと言われる給与等ですが、自治体と同規模の事業所と比べているのでしょうか?
教職員の退職金が2700万円で、民間平均の退職金が2300万円と報道されていました。
大企業の退職金って、この倍以上ありませんか?

精神論だけでは、質の保証はできないと思います。

|

中古マンションは今が「見時」?

東京で雪が降ってから、1週間になります。

まだ日陰には雪が残っているところもあり、氷の板になっているところも。

そんな中、マンションを見てみると、実に様々です。
エントランスや駐車場内は、きれいに除雪されて乾いているところ。
一方で、除雪などしたあともなく、自然消滅をただ待っているところ。

後者の管理体制はどうなっているのか?
管理人さんか、管理会社で巡回はしないのか。
住民で協力しようという雰囲気はないのか。
見かねてやってしまおうという住人さえ、いないのか。

いずれにしても、1週間ほったらかしということは、それがゴミであれ、不審者の出入りであれ、誰もが我関せずというここと。
そんなところは避けたいものです。

これは一戸建てでも同じ。
近隣住民の意識がうかがえます。

今日あたりは、中古物件の目星をつけるのには、良い機会かもしれません。

|

頑張れ岩手!

昨夜つぶやいた、コレの話し。
岩手県は陸前高田市の「酔仙酒造」さんの焼酎『秘酔』。
残念ながら、先の津波によってすべて失われてしまいました。

130112hisui
いわゆる焼酎とは別物。
芳醇で濃厚な香りと、まろやかで深い味わい。

その後、醸造元さんの復興具合をググッていたら、今は一関市で操業を再開され、昨年8月には大船渡市で新工場が完成されたとのこと。
 → 「酔仙酒造Webサイト

そして今、池袋西武デパートの物産展に出店されているというではありませんか。

続きを読む "頑張れ岩手!"

|

季節限定

冬でもトマトやキュウリが並び、八百屋さんの店頭から季節感が薄れた今日この頃。
そんな中で、これだけは今でも短い期間した楽しめない!

13010901

真冬の茨城でとれる「寒じめほうれん草(ちじみほうれん草)」

そして、一足早い春の味覚、房総の「菜の花」 (^ω^)

で、こうなるのであります!

13010902
寒じめほうれん草(茨城産)は、ピーマン、舞茸(新潟産)、ソーセージと炒め、“じゅうねんドレッシング”(福島県昭和村産)で味付け。
甘くて独特の食感のほうれん草が、じゅうねんでさらにウマシ!

ほろ苦い“菜の花”は辛し和え。
ほくほくした茎と、さくさくの蕾。

これを友情の証の琉球のグラスに注いだ、会津の銘酒とともに。
      (^ω^)

至福の晩酌。ヾ(@^▽^@)ノ

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »