« お店で聞く「おかしな日本語」 | トップページ | これこそが「いじめ」の原因 »

夏休みの想い出・三ツ矢サイダー

「いいとも増刊号」見ていて、ふと小学生の頃の夏休みの風景を思い出しました。

8月は母方の祖母の家に行くことが多かった。
福島県の山奥の農村です。

当時はお店も少なく、お菓子を売ってる店はバス停前の雑貨屋さんだけ。
マンガ本はなく、町まで出ないと買えませんでした。

親に連れられて親戚の家を回ったりするのですが、どこの家でも感じたこと。

出してくれる飲み物は、どこの家でも瓶入りの『三ツ矢サイダー』。

Mitsuyacidor

そして出されるお菓子は、これもまたどこの家も同じ。
小さな饅頭とか羊羹とか、干菓子のゼりーとかの和菓子詰め合わせ。
今でも売ってますよね。

Kashi

たいてい農村で日中相手にしてくれるのは年寄り。
だから「田舎のおじいさん、おばあさんは、こういうお菓子が好きなんだなぁ」
と、思っていました。

こちらは子供だから、ケーキとかチョコレートとか、そういうお菓子を出してくれると嬉しかったんですけどね。
もっともケーキ屋さんなんて、今でも村にはないと思います。
コンビニもないはず。www

最近思います。
“あの系統の和菓子”、結構うまいなって。
生クリーム系より、餡子系の方がカラダに合ってるように思います。
私も年をとって来たのかな。coldsweats01

|

« お店で聞く「おかしな日本語」 | トップページ | これこそが「いじめ」の原因 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お店で聞く「おかしな日本語」 | トップページ | これこそが「いじめ」の原因 »