« 恐怖の池袋 | トップページ | 新しい“武器”ビデオサーバー »

学校のトイレ

最近の学校のトイレ、特に公立小中学校のトイレは、ずいぶん改善されつつあるようです。

洋式トイレが増え、室内も明るくきれい。
中には休憩ベンチがあったりして、「便所」から「レストルーム」っていう感じかな。

今朝の新聞には、北海道のある公立小学校で、男子トイレから「小用便器」を無くしたという話しが載っていました。
すべて洋式の個室にしたのだそうで、「大」をしやすい環境にもなったとか。
そのうち公共の場の男性トイレもすべて個室になるのかな?
SAのトイレの行列も、男女同じように普通の光景になる日が、いずれ来るのかもしれませんね。

ときに、私が小学生の頃、学校のトイレも水洗なんてものはなく、汲み取り式の“ポットン便所”でした。
男子小用はいたって簡単なつくり。

 
 
1200728schholtoilet

こんな感じで、コンクリートの壁があるだけ。
仕切りも何もなく、原っぱで並んで立ちションしているのと、ほぼ同じ。
低学年の頃は何も考えずに用をたしていましたが、少し学年が進むとわざと隣の子のを覗き込んだり、「見るんじゃねぇよ!」なんてやり取りも。

大勢の子供たちの尿が大量にたまっているわけで、夏なんかアンモニアの刺激が激しく、トイレに入るときは手前から息を止め、目を細めてそそくさと用をたす。
そんな「便所」でした。

昭和30~40年代。
「あの頃はよかった」なんて言われたり、若い人には憧れの気持ちを抱く人もいるとか。
あの頃の便所に連れて行ったら、「もう帰る!」と早々に音を上げるのでは?bleah

|

« 恐怖の池袋 | トップページ | 新しい“武器”ビデオサーバー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前から、この記事で紹介されているタイプの便所が気になっておりました。
小便をする溝は、どんな構造になっているのでしょうか。
傾斜があって排水口へ流れて行くのかとも思いましたが、小便だけ溜めておく便槽なんて聞いた事がありません。
溝の構造についてぜひ、ご教示下さい。

投稿: 昭和50年代生まれ | 2015/06/19 23:33

>昭和50年代生まれさん
コメントありがとうございます。
溝は図の通りの溝で、傾斜がついてて端の排水口のようなところから便槽に落ちてたと思います。
便槽は大小分かれておらず、大きなものに合流だったように思います。

たまに排水口が詰まったのか、溝の所に溜まってることがあって、あれには参りました。

何分、子供の時の記憶ですので、細部までは把握しておりませんが。(^_^;)

投稿: とのた | 2015/06/21 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恐怖の池袋 | トップページ | 新しい“武器”ビデオサーバー »