« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

雪を蹴立ててサークサーク・・・

たま~に聞きたくなるんですよね。happy01
「元禄名槍譜 俵星玄蕃」up

カッコイイですなぁ。

朗々として、明確で、見るからに力がみなぎっています。

中でも好きなのが、4分50秒あたりから8分10秒あたりまでの部分。
三波春夫さんの笑顔も、実に素敵ですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の子供の呟き

大震災から半年近く経ちました。
総理はメドがついたと、辞任を表明しました。
しかし、まだまだ被災された方々への救援は不十分。

いわゆる「風評被害」も拡大傾向のようです。
生産者の方々はじめ、関係者の皆さんがお気の毒でなりません。
毎年楽しみだった、お取り寄せの福島産の桃を使ったジュース。
残念ながら今年は生産見送りだそうです。
桃は例年通り出荷されており、出来も上々だというのに・・・。

震災そのものもさることながら、原発事故に起因する放射線汚染。

たとえば牛肉。
○ベクレルとか、○シーベルトという数値が飛び交ってます。

こんなことを言うと、不謹慎だ!不真面目だ!と言われてしまいそうですが。

福島原発の爆発事故の様子。

Fukushima

「子供達や子供を産む女性を、まず保護すべきだ」という意見に異論はありません。

でも、私が子供だった頃、“こんな可愛いもの”(←非難の対象になるでしょうね)ではありませんでした。

これですよ! ↓コレ!wobbly

続きを読む "昭和の子供の呟き"

|

北海道まつり

久しぶりに、煮物なんぞを作ってみました。

煮物 the 北海道
 

・北海道産じゃがいも

・北海道産コンブ

・北海道産ラワンぶき

・高野豆腐

コンブは、以前小樽に行ったときに買ったものです。
薄手のコンブですが、ハサミで切って鍋に投入するだけで、おいしいお出汁と柔らか昆布が楽しめちゃいます。

ラワンぶきは、先日の北海道ショップでみつけたもの。
NHK-BSの朝番組「食べてニッコリふるさと給食」で見て、その存在は知っていました。

 → 番組公式サイト「“フキ給食” 足寄町」

かなりデカイふきのようですが、皮もスジもとってあって簡単に使うことができます。

そんなわけで、ささやかですが「北海道まつり」と銘打たせていただきました。scissorshappy01

ラワンぶき

さて、高野豆腐の戻し方ですが、普通は・・・

(1) 水でもどしてから、水分を絞って使う。
(2) あたたかい出汁(味付けした煮汁)でもどし、そのまま使う。

でも、(1)の方法では中心部の味が薄くなりがち。
(2)の方法では、大きい。(カットしたものを使う手もありますが、値段が割高。)

そこで私は、大きいまま鍋に投入して、煮汁でもどします。

もどったらキャンプ用の小さいまな板に載せ、鍋の上でカット。
切ってそのまま鍋に戻しています。
染み出した煮汁も鍋に戻るし、なんとも簡単でコスパもGood!

煮た後、20分ほど自然に冷まして味を染み込ませます。

う~ん、ウマイ!delicious

やはり、こういう食べ物はからだに優しそうですね。

無理なく喉を通っていきます。happy01good

これからは芋煮や豚汁など、野菜やキノコたっぷりの温かい和食を楽しめる季節。

体力回復にも絶好の季節になるかな?notes

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしの映画・音楽(洋楽編)

YouTubeさんを利用して、主に中学生の頃に夢中になった映画や音楽を振り返ってみました。

はじめに1971年。

ロンドンを舞台にした初恋ストーリー『小さな恋のメロディ』
イギリスでの 原題は「S.W.A.L.K」(Sealed with A Loving Kiss)

この映画をご存知ない世代も増えたと思いますので、まずは予告編から。happy01

中1のとき、初めて女の子と見に行った映画です。heart04
といっても、当時はグループデートがせいぜい。 男女3人ずつでした。

主演のマーク・レスター、トレーシー・ハイドもほぼ同い年。
このあとリバイバル上映を含めて、何度見たことか。happy01

続きを読む "懐かしの映画・音楽(洋楽編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »