« ライフスタイルを見直す機会 | トップページ | 1967年は・・・ »

これでも学校か?

服装の乱れで21人を作為的に不合格(都立蒲田高)
 東京都教育委員会は25日、都立蒲田高校(大田区)が、2007年度、08年度の入学試験で、合格ライン..........≪続きを読む≫

今更、ピアスが悪いのなんのというつもりはありませんが。

高校入試っていったら、普通は外していくのでは。

入試のときに、わざわざ“そんな感じ”の服装で来る中学生っていうのも、入学させたくないのは理解できます。
 

中学校の先生や、親だって、普通「入試のときぐらいキチンとして行きなさい」って言うだろうな。
入試、就職試験、面接・・・。
場面に応じた身なりで行くのは、社会における基本的マナー。

ならば、なぜ高校は、合否基準として明示しなかったのでしょう。

「試験に臨む態度」という項目を設け、服装、言葉遣いなどを基準として示せば済むことではないですか。

文句を言う人もいるでしょうが、大多数は当たり前のことと受け止めるのでは。
むしろ、そんなことをわざわざ示さなければならないことを嘆く声がおおいのではないでしょうか。

なぜ、裏基準として学科試験の点数を操作するという、不法行為で対応してしまったのでしょう。
匿名の電話とFAXで発覚したということは、リークしたのはその高校にいた先生でしょうね。

新聞報道では、当該受験生に謝罪するとともに、当時の校長は懲戒免職になったとか。

裏基準で合否判定するという方法が、まず最低です。
校長の判断も最低なら、さらに教職員のまとまりも最低。

そして、そんな姿勢で入試に臨んだ生徒に謝罪して、校長がクビ。
もはやこの高校の規範意識は・・・。

「オラオラ先公、うるせぇこと言ってると、テメェも懲戒免職だぞ!」
なんて一部生徒がすごんで、何も言えない先生。

そんな光景を許すことになってしまったとしたら、在校生にとっても不幸です。

 

|

« ライフスタイルを見直す機会 | トップページ | 1967年は・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事