« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

「旅立ちの日に」 小さな誤解

今や卒業式の定番となっている「旅立ちの日に」

その作詞者である小嶋登先生の訃報が報じられました。

いい曲ですよね。
詩もいい。
メロディもいい。

そして、この曲ができた背景がいい。
現職の先生が、目の前の生徒に送るために作った曲。

昨今の学校にまつわる話題の寂しさを吹き飛ばしてくれるような、これこそ「がっこうのせんせい」という話しです。

でも、ちょっとした誤解を招いている報道も間々あるようです。

「荒れた学校を合唱で建て直した・・・」というあたりです。

「旅立ちの日に」を作ったのは、秩父市立影森中学校に在職されていたとき。
こちらの校名は明記されています。
なので、当時の影森中が荒れていたと思われて、影森中の関係者の皆さんは悲しい思いをされているのではないでしょうか。

“荒れていた中学校”は、小嶋校長先生の前任校である I 市立H中学校です。
この学校も、小嶋先生のご指導で、全国合唱コンクールに出場するまでになりました。
かなり上位に入ったこともあったように思います。

おそらく報道ではH中に配慮して校名を伏せたのでしょうが、もう少し表現をしっかりしないと、とんだ誤解を与えてしまうことを考えてほしいものです。

いずれにしましても、小嶋先生のご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIGA

昨日、BDレコーダーを買い増ししました。

パナソニックのDIGA DMR-BWT1100-Kです。
DIGA DMR-BWT1100-K 目的の一つは、CATVのSTBからTS出力で録画するため。

もう一つは、拙宅に1台残っているアナログテレビの“地デジ化”。
(三菱の36インチワイド)
チューナー買うんなら、レコーダー買っちゃった方がいいやと。

一つめは、要するにケーブルテレビのセットトップボックスから、HDのCS番組を録画するため。
通常はアナログ出力をレコーダーにつなぐしかないから、ハイビジョンも標準(SD)になってしまいます。
現状、TS入出力があるのはパナソニックとシャープだけ。
かつてあったD-VHSとの関係ですかね。

いろいろクチコミなどを調べてみると、パナの方が安定しているらしい。

HDDが1TBあっても“巨大なごみ箱化”になるだけだし、このシリーズで一番安い機種(それでも500GB)を選択。

3D再生機能もあるけど、テレビが対応してないので当面これはお預け。

2月ぐらいには新機種が出るらしいので、現在ほぼ底値と思われます。
なので、(メ)110,000円が、69,800円+16ポイントで実質58,000円ほどでした。
ネット通販だともっと安いところもありますけど、長期保証会員に入っている販売店だし、在庫ありで持ち帰れたので満足。

バースデープレゼント for Me というわけです。happy01 birthday

(とのたのアメブロとダブルポストです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »