« 牽引 最終ラウンド→合格!! | トップページ | 今日の昼酌 090207 »

人員削減に思う これからが勝負だ!

この週末、名だたる大企業や有名企業が、次々と大規模な人員削減rainを打ち出しました。coldsweats02
NECでは正社員だけでも1万人弱の削減だとか。NECといえば、私が初めて手にしたパソコン(マイコン)がNEC PC-8001でした。その後もPC-2001、9801n、9821と全部で5台ほど使った思い出深いものがあります。confident

一般紙の見出しだけでも、日立、三洋、JVC、クラリオン、沖電気、三井金属、日本板硝子・・・と誰もが知る企業が名を連ねます。
昨年末に大問題となった“派遣切り”は、この正社員削減の序章に過ぎなかったということでしょうか。shock
外国でもニューヨーク市職員23,000人が解雇されるとか。

世界中“失業”の嵐typhoonですが、これだけ大量の人達が職場を離れることを余儀なくされ、果たして次なる職場はあるのでしょうか。

「何もまた会社に就職しなくても、自分で商売を始めることだってできるさ」 という意見もありますし、私自身もそれもそうだなと思っていました。
でもこれだけ大勢の人となると・・・sad
よく冗談交じりに「リストラされたら居酒屋でもやるか」なんて言う場面がありますが、居酒屋ばかり林立したって仕方ないし、そもそも安い居酒屋でさえ客足が減る昨今。

経営者には「給料を半分にしても雇用だけは守るsign03
従業員には「給料が半分になっても互いに支えあうsign01
消費者には「少々値段が上がっても適正価格で買うsign01
そんな覚悟が求めらているのではないでしょうか。

これまで日本は長いバブルに浸っていたのでは
豊富な種類の食材が安価に手に入り、車や家電品をそろえた小奇麗な家に住み、安全で文化的な生活が送れる。
それは長くて穏やかなバブルに乗っていただけの話。もしかしたら“ニッポン”の実力は、もっと低いものだったのではないか。weep
でもめげていても仕方ありません。punch
な~に、明治に戻ったと思えば、それでもまだまだ贅沢な暮らしじゃないか。
たとえば「めざし、漬物、菜っ葉の味噌汁にご飯の食事。」
食べ過ぎてダイエットに手間や費用をかけるより理にかなっています。happy01
地に足のついた、堅実なニッポン人の生き方を見直さなければgood

ただ最近話題の「シェアして使う」ことには反対なのです。
一つの製品を次々に貸し回して使う。一見良いことのようですが、商品を世に出すには当然コストがかかっています。
見込んだ売り上げが立たなければ、商品を供給することはできません。
結局、商品の供給が止まる、価格が上がる、新商品の開発ができないなど、負のスパイラルを生み出ししてしまうのではないでしょうか。
DVDなどのレンタルショップが一定の著作権料を支払うように、貸し回す際に一定の料金がメーカーなどにも回るようにしないと。

単に出費を抑えるだけが“賢い消費者”ではない。
国民みんながそこそこの生活水準を保つためには、ある程度のコスト負担は必要です。適正価格はどのぐらいなのか。買う側の視点だけでなく、売る立場にも立って考える必要があるのではないでしょうか。think
「値段を下げろ」は「自分の収入を下げる」につながってくるのですから。
消費税を5%上げるのと、価格を5%上げるのと、どちらが効果的なのか。
そういう議論は経済学者や国会議員には相手にされないのでしょうか。despair

|

« 牽引 最終ラウンド→合格!! | トップページ | 今日の昼酌 090207 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43992/43911354

この記事へのトラックバック一覧です: 人員削減に思う これからが勝負だ!:

« 牽引 最終ラウンド→合格!! | トップページ | 今日の昼酌 090207 »