ウェブページ

患者のための参考本

カウントダウン

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« つかえやすいもの・つかえにくいもの | トップページ | リハビリ… »

2015年4月18日 (土)

ときどき…

ときどき、ふと思います。

「俺、よく生きてるな。」と

ちょっとタイミングを逃していたら、今ごろは墓石の下だったかもしれない。

胃癌のとき、「ストレスだろう」とか、「ちょっと飲み過ぎかな?」と、胃薬でも飲みながら様子を見続けていたなら。
実際、その程度の自覚症状ぐらいしかないらしい。

今は仕事が忙しい、休めないと延ばし延ばしにしていたら。
実際、年齢的にも、職場での立場的にも、休みにくいのは確か。

そうしたらどんどん進行して、転移もあったろうし。

脳出血のとき、「疲れたかな」とか、なんかだるいから「ゆっくり寝よう」なんて自宅で休んでいたら。
そのうち体を動かすこともできなくなり、救急車を呼ぶことさえできなくなったかもしれない。
そうしたら、そのまま時間が過ぎて…。

出社しないで会社から家族に電話がいき、家族が様子を見に来るまで、数日かかるだろう。
もし生きていたとしても、重篤な事態になっていただろう。

そうならなかったのは何故かと聞かれたら。

『臆病だったから』と答えるかな。
通院を口実に『ちょっとサボりたい』と思う気持ちもあったかも。

おかしいと思ったことを、健康診断のときに医師に伝えた。
おかしいと思ったとき、すぐ病院に駆け込んだ。
ふだんはそんなことをしないのに、何かの導きか、不思議に行動が早かった。

同じような状況で亡くなった縁者もいます。
なかなか病院に行かなかったとか。

怠け心も、ときに命を救う。
いずれにしても言えるのは、自分を本気で守ってくれるのは、自分だけです。

« つかえやすいもの・つかえにくいもの | トップページ | リハビリ… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事