ウェブページ

患者のための参考本

カウントダウン

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 階段 | トップページ | 「漢方薬」はじめてみました »

2015年1月 6日 (火)

脳出血と視力

一昨年まで、近視でも老眼でもなく、運転免許も裸眼でOKでした。
当然、メガネなど縁がなく、カッコつけのサングラスぐらい。

しかし、2013年5月の緊急入院以来、視力が落ちました。

幸い、視野障害や視覚失認、構成失効などはありません。
ですが、いわゆる“近眼”?

最初に気付いたのは、急性期入院のときの車イス移動時。
院内の表示がぼやけて読み取れない。coldsweats02

リハビリ入院中にメガネを作りました。
乱視を中心に、近視を矯正。

その後の運転免許更新では、「普通車:裸眼」、「大型車、旅客車etc.:眼鏡使用」。
要するに、両眼0.7だったということですね。

この程度で済んだのだから、視覚障害というよりは、加齢の影響と言えるのかも。bleah

ただ、顔の右側が麻痺しているせいか、ときどき右目がチカチカする感じも。
眼球がチクチクッと痛むようなときもあれば、右まぶたが覆いかぶさって邪魔な感じがする時もあります。
「それは老人性眼瞼下垂だろう」って?
完全否定はできませんww。coldsweats01

いずれにしても、右半身の筋肉系統は動きが鈍いのは事実。
ということは、眼球を動かす筋肉もかな?

となれば、目を動かしたとき、右目は左目より遅れたり、動く範囲が小さかったりということは、当然有り得る。
それが目眩の原因かなと思ったり。

この目眩、不定期に起きるのは、胃切除の影響による低血糖(ダンピング)かと思う。

でも、マス目模様の床や、ホテルやデパートなどのピカピカの大理石の床などを見たときの目眩は、左右の眼球の動作がずれることによるのではと思えます。

素人の推察ですけどね。
とはいえ、医師だって医学研究者だって、自分がなってみなければ本当の症状は分からない。
案外、患者の自己分析は的を得てるかもしれませんよ。wink

« 階段 | トップページ | 「漢方薬」はじめてみました »

06 その後の生活」カテゴリの記事

51 脳出血再発」カテゴリの記事