ウェブページ

患者のための参考本

カウントダウン

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 一年過ぎて | トップページ | 食事… (´・ω・`) »

2014年5月12日 (月)

優先席でイチャついていた君たちへ

朝の満員電車、制服姿でまったりとイチャついていた君達。
これから学校に行く前に、2人の時間を楽しみたかったんだね。

君達はどちらも目の前に立つ私には気付いていたね。
杖と顔に目を向けたあと、さもかったるそうに視線を落とした。

彼女が先に降りるとき、人目もはばからずキスをしていた。
それほどまでに愛し合っているのだろう。

空いた席にはスマホに夢中の元気そうな若者がサッサと座った。
そして君は目を閉じた。

別にそれを責めようなんて思ってはない。
ただ、そんなカレシ、カノジョと付き合うことに、不安を感じないかい?

デート中に、急に体調が悪くなることもあるだろう。
例えば吐いてしまったとしよう。
吐瀉物で服も汚してしまった。
周りの人たちは避けるようにしていく。

そんなとき、君の隣の恋人はどんな行動をとるだろう?

・人目もはばからず、君を介抱し、汚れた服を応急処置して君にずっと付き添ってくれるだろうか?

・「サイテー」とか言って、君を置いて逃げ出すだろうか?

“思い遣り”なんてなくてもいい。
演技でもこんなときは席を譲り、
「いい人やってんじゃん」( ´艸`)
「うるせぇ!」(^o^;)
なんて冷やかし合うカップルの方がかっこいいし、安心して付き合える相手だと思うぜ!

« 一年過ぎて | トップページ | 食事… (´・ω・`) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事