ウェブページ

患者のための参考本

カウントダウン

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 最後の検査 2013.12.25 | トップページ | 動画アップしました »

2014年1月 1日 (水)

迎春

新年を迎えました。
242日目。

正直なところ、体はどうかということを書いてみたいと思います。
全体的にはおそらく「体重超過の2歳児」という感じでしょうか。

【右手】
・痛み、しびれの24時間年中無休は当たり前。
 もはやこれがデフォルトになりました。(´_`。)

・握力は約15kg
 持久力がなく、たとえば皿を持っても、神経を集中させてないと手首が反転してしまったり、落としてしまったり。
 かなり意識して強く握らないと、モノの重さに負けてしまいます。
 平皿ぐらいまではなんとかなりますが、ラーメン丼は無理かな?

・力を入れると固くなり、動きが重いです。
 先述のような場合、かなりの腕の重さとなり、腕だけを上げるのでも10kg以上のものを持ち上げるかのようです。

・箸を持っても、“挟む”ということはとても難しい。
 特に力が無いので、麺をつまみあげるとか、箸でちぎるというようなことは出来ません。

・スムーズな動きは困難です。
 なんとか2cm角ぐらいの文字も書けるようになりましたが、ときどき暴走して線が異様に長くなったりします。
 肘を机上にしっかり置いていますが、これもガクンと崩れることがあります。
 いずれにせよ、ちょっとメモを取るということは不可能です。

・キーボード
 これがメチャクチャ重いうえに、隣のキーを押したり、押したつもりが力不足だったり、その逆に離したつもりで連打してたり。
 数回打ち直すのが普通です。
 左手でもミスタッチが多く、疲れます。
 マウスのダブルクリックのような、素早い動きも苦手です。

【右足】
・歩き始めた赤ちゃんのようです。
 地面にドタンドタンと踏みつけるような歩き方。

・膝の力が弱いです。
 また座って立ち膝なども難しく、クニャリと倒れます。
 座ったまま向きを変えるのも大変で、力も時間も必要です。

・踏ん張れません。
 左から押されるなど、右によろけると足がパッと出せず、簡単に転倒してしまいます。
 これが人混みでは一番怖い!(>_<)
 特に電車のホームや、横断歩道際で信号待ちなどのときは、軽くぶつかられただけでも命にかかわりますので、とても緊張して周囲に注意を払っています。

・カラダを横向きや斜めにして歩けません。
 たとえば混み合う電車内や店内通路など、「通れるだろ?」と言う顔をされるのですが無理なんですよね。
 なので「すみません、体が不自由なので通してください」と言いながら歩いています。
 「ごめんなさいね」「恐縮です」
 こんな言葉を連発する場面もあります。

【平衡感覚】
・なんとなく実体感が薄いというか、少しボーっとした感じがする時が多いです。
 ちょうど風邪で高熱を出しているときのような感覚です。

これに胃切除の不快感が加わり、“気分がすぐれている時間”というのはありません。

外出するときは朝から食事はできません。
食べるなら、少なくとも2時間は調整のため寝そべることができる環境が必要。
外出時は缶飲料などは難しい。誤嚥のようになるときがある上、続けて飲むと“つかえ”が発生します。
なるべく水筒を持参しています。

と、一見元気に見えますが、実際は結構無理しているんです。
長い時間、普通の姿勢を保っていると、腕の筋肉は強く緊張し、痛みは半端ありません。
難しい場面は見せないようにして、見栄を張っている。
これが実態であります。

« 最後の検査 2013.12.25 | トップページ | 動画アップしました »

51 脳出血再発」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事