ウェブページ

患者のための参考本

カウントダウン

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 逆レコーディングダイエット | トップページ | 1/2切除に対する誤解 »

2012年7月 2日 (月)

体力低下…

季節の変わり目。

梅雨時で湿度も高く、気温も上がったり下がったりが激しい。
巷でも体調を崩す人が多いとか。

体重は変わらず52キロ台で推移。
衰弱していってるわけではなく、かといって復活しているわけでもなく。

しかし、低値安定の体力は、結構ギリギリなのかもしれません。

先週の金曜日。
どうも疲れが抜けず、だるい感じがして、午後半休を取りました。
帰宅途中、急に目眩が激しくなり、歩道のタイルやフェンスがやたらにチラチラして目障り。
視野も狭く、脳貧血みたいな感じ。
足元もおぼつかなくなり、これはタクシーに乗った方がいいかなと…

幸い駅のすぐそばまでたどり着けたので、しばし歩道脇に腰かけて小休止。
電車も座れたので、自宅最寄り駅に着くまでには復活できました。

コンビニで惣菜を調達し、栄養補給のあと昼寝。
感覚的に、脳内出血とかの気持ち悪さではないなと思えたので、診察は受けませんでした。

土日は自宅でゆっくり。
というよりも、動く気力が起きず、やっと食料の買い出しに行った程度。
時々目眩もありますが、これはいつものこと。
15分ぐらいゆっくりしていれば回復します。
どうも診断では、ダンピングでもないとのこと。

極度のダイエットみたいなものでしょうか?
食事の総量は低い(以前の1/3程度)ので、できるだけタンパク質は摂るように心掛けています。
糖分も相対的には多いとは思うのですが、もう少し“カロリー”を摂らないとだめかな?

スポーツ選手が使うような、高カロリープロテインでも使った方がいいのかも。

« 逆レコーディングダイエット | トップページ | 1/2切除に対する誤解 »

08 1年経過」カテゴリの記事