ウェブページ

患者のための参考本

カウントダウン

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 最低新記録 | トップページ | 胃ガンの進行速度って? »

2011年8月20日 (土)

食べやすい物、食べづらい物

手術後30週を過ぎ、退院後29週となりました。

まず久しぶりに会った人に必ず言われる言葉。
「痩せたねぇ~~~~!!!!!」coldsweats01

ここ最近は、入院前に比べてマイナス16キロで安定してます。

事情を知らない人は「ダイエットですか?」
さらに人の話しを聞かない人は、“病気をしましてね・・・”と答えてるのに
「いいですねぇ!」

アホか!angry
まぁ、その程度の人と真剣に話す必要もないわけですが。

さて、“常識的な方”との会話の中では、食事の心配をいただくことが多いです。
そこで良いと思われることが多いのは「お粥」とか「雑炊」、「うどん」など。
要するに“お腹を壊した時と同じ”感じですね。

でも残念ながら違います
 

大切なのは、胃液や胃のはたらきがない分、よく噛むことと唾液とよく混ぜること。
“噛む”という行為をしないと、唾液も十分に混ぜ合わせることができないのです。

したがって、水分が多くて柔らかいお粥は不向きなのです。

ある程度以上の固さがあって、噛みやすいものが、実はダンピング防止にも効果があるように思います。

〔食べやすいものの例〕
・普通に炊いたゴハン
・うるめイワシなどの焼いた小魚
・レバー
 特に焼き鳥のレバーがいいです。
 ニラレバは、噛むほどにニラの繊維が残り、不向きでした。
・納豆
・フランスパン
 噛み応えのあるパンの方が食べやすいです。
・カボチャ
 これは柔らかく煮たものが多いですが、米などに比べてデンプンが少ないからでしょうか。
 ダンピングが起きにくいようです。

〔食べづらいものの例〕
・お粥
・中華丼
 あんかけの具が、ゴハンを噛みづらくしてしまいます。
 カレーなども似たような感じです。
・食パン
 どうもダンピングが起こりやすい気がします。
・豆腐
 柔らかくて水分が多く、量的にも多くなりがち。
 おぼろ豆腐を少量ならイケます。
・刺身
 特にマグロ。
 健康時には気になりませんでしたが、よく噛むほどに繊維の多さを実感します。
・小松菜などの葉野菜
 これも噛むほどに繊維が残ります。

これはあくまでも私の場合です。
人それぞれ、それこそ千差万別のようですので、ご自分に合った食べ物食べ方を探してみてください。confident

« 最低新記録 | トップページ | 胃ガンの進行速度って? »

06 その後の生活」カテゴリの記事