ウェブページ

患者のための参考本

カウントダウン

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 後遺症3「おなら」 | トップページ | 体格の変化 »

2011年6月 3日 (金)

食べ物の好み

後遺症について書き連ねている中ですが、ちょっと閑話休題。

手術後19週を過ぎ、明日で退院後18週になります。

体験記を読むと、結構食べ物の好みが変わるケースも多いようです。
多いのは、魚が好きになるとか。元は魚嫌いだった人まで・・・。

私は肉も魚も適度に食べていましたが、やはり魚の方がより好きになりました。
前から好きなものではありましたが、シラスやうるめイワシはいいですね。
白身の魚や鮭なども美味しいです。

肉は脂身の少ない豚肉。それも冷しゃぶがいいです。
鶏のレバーは鉄分補給の意味も含めて、ときどき食べています。
一番手軽に食べられるのは、焼き鳥のレバー。
でも、なぜかスーパーの惣菜コーナーでは、レバーを置いていないところがほとんど。

果物ではバナナは常備食ですが、リンゴがなかなかいい!
シャリシャリと噛むうちに固形分はなくなり、ジューシーな味わい。
ペクチンによる傷の修復作用もあるとかで、お腹にも優しく、さっぱり感があります。

 
逆に、好きだったのにちょっと避けてるもの。
まずは豆腐です。
大好物で、2日に1回は必ず食べていたのですが、今はなんとなくもたれてしまいます。
しかし納豆は非常に番食べやすく、植物性タンパク源として常食しています。

コーヒーも気分の良い時にはたまに飲みますが、あまりお腹にはやさしくないようです。

牛乳は子供の時からずっと飲みなれていましたので、乳糖分解能力も問題なく、お腹がゴロゴロすることはありません。
以前はマグカップでごくごく飲んでいましたが、今はちょっと喉を通りにくい。
カフェオレにするか、乳酸菌飲料と混ぜて飲むと、それぞれの単品とうって変わって非常に喉の通りがよくなります。

 
ところで、最近“ひとくちカステラ”を殆ど見かけなくなってしまいました。
小麦粉高騰の影響でしょうか。
それとも、アレは冬季中心の季節商品?
手軽につまめるカロリー減として重宝していたのですが・・・。

 

« 後遺症3「おなら」 | トップページ | 体格の変化 »

06 その後の生活」カテゴリの記事