船着き場までゆっくりと歩いていきました。
しかし視界の端にふしぎな“動き”が!
別に酔っているからではないようです。